スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの方位磁石の初期設定と使い方!「真北を使用」とは?

iPhoneの方位磁石の初期設定と使い方!「真北を使用」とは?

iPhoneの「コンパス」アプリでは、iPhoneを方位磁石のように利用できます。

iPhoneを動かすだけで方角・座標・高度などを簡単に調べられるので、道に迷ったときや日当たりを確認したいときなど様々なシーンで役立ちます。

今回は、iPhoneの方位磁石の初期設定と使い方を解説していきます!

Google マップのロケーション履歴が記録されない!対処法を紹介
【Google マップ】口コミの書き方♡ローカルガイドについても解説

iPhoneの方位磁石の使い方《初期設定》

まずは、iPhoneで方位磁石を使うための初期設定をチェックしていきましょう。

Google マップが新仕様で3Dアイコンが表示されない?対処法を解説

「コンパス」をタップ

iPhoneの方位磁石を使って方角を調べたいときは、「コンパス」アプリを使います。

「コンパス」アプリ

「コンパス」アプリは最初からインストールされているので、ホーム画面やAppライブラリから「コンパス」アプリを探してアイコンをタップしましょう。

「コンパス」アプリを探してアイコンをタップ

初期状態では「便利ツール」または「ユーティリティ」というフォルダに「コンパス」アプリが入っています。

誤ってアンインストールしていた場合も、App Storeから再インストールできるので問題ありません。

位置情報の利用を許可する

「コンパス」アプリを起動すると、位置情報の利用を許可するか聞かれるので「一度だけ許可」もしくは「Appの使用中は許可」を選択しましょう。

位置情報の利用を許可

位置情報を許可すれば、「方角」に加えて以下の情報も確認できます。

  • 座標(緯度・経度)
  • 高度
  • 現在地(都道府県・市区町村)

位置情報の利用を許可

位置情報の利用許可を求める確認画面で「許可しない」を選択しても、iPhoneの「設定」アプリから位置情報の利用を許可できます。

「設定」アプリを起動したら、「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

「プライバシーとセキュリティ」をタップ

「位置情報サービス」をタップしましょう。

「コンパス」をタップ

「コンパス」をタップしてください。

「コンパス」をタップ

「このAppの使用中」を選択すれば、設定完了です。

「このAppの使用中」を選択

コンパスを調整する

位置情報の設定が完了したら、次はコンパスを調整しましょう。

iPhoneでは「コンパス」アプリを起動するだけで緯度・経度などを簡単に調べられますが、たまに表示がおかしくなってしまうことがあります。

しかしコンパスを調整すれば、再び正しく示されるようになります。

コンパスを調整するには、iPhoneを持った方の手首をひねりながら「8」の字を描くようにiPhoneを動かします。

この動作を数回繰り返したあとに「コンパス」アプリを再起動すれば、調整は完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。