スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】GPS機能で位置情報を共有!追跡方法や履歴を解説

【iPhone】GPS機能で位置情報を共有!追跡方法や履歴を解説


カメラアプリも位置情報を残すため注意

iPhoneの標準カメラアプリの「位置情報サービス」がオンになっていると、カメラアプリで撮影した写真・動画に撮影場所の位置情報が残ってしまいます。

撮影場所の位置情報が残る

位置情報が保存されている写真・動画をインスタやTwitterなどに投稿してしまうと、そこから自宅や学校などがバレる可能性があります。

写真・動画に位置情報を残したくない場合は、以下の手順でカメラアプリの「位置情報サービス」をオフにしておきましょう。

カメラアプリの「位置情報サービス」をオフ

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「プライバシーとセキュリティ」をタップ。
  3. 「位置情報サービス」をタップ。
  4. 「カメラ」をタップ。
  5. 「しない」をタップ。

これで、設定完了です。

iPhoneのGPSの位置情報を活用してみよう!

iPhoneのGPS機能を利用すれば、自分の現在地や紛失したiPhoneの位置を調べたり、家族や友達と位置情報を共有したり、位置情報を使うアプリ・機能を使ったりできるようになります。

位置情報は正しく活用することで様々なシーンで役立ちますが、その一方で個人情報の漏えいやストーカーなどの被害に遭うリスクもあります。

位置情報を利用・共有する際は、位置情報の設定や共有相手は適切に管理して正しく活用するようにしましょう。

【iPhone】添付ファイルが見れない・開けない!見る方法を解説
【iPhone】使用時間をスクリーンタイムから確認する方法を解説

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。