スマホで見つける、もっと可愛い私

【Instagram】垢バン・凍結される原因と対処法を徹底解説

【Instagram】垢バン・凍結される原因と対処法を徹底解説

Instagramへログインできなくなったときに考えたいのが、垢バンや凍結された可能性です。

「普通に使っていたはずなのに、突然凍結されてしまった!」ということもゼロではありません。

今回は、Instagramが垢バン・凍結される原因と対処法をご紹介していきます。

突然、アカウントが凍結されて困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Instagram(インスタグラム)の通知機能の設定方法を解説
【Instagram】アプリが英語表記になる原因とは?対処法も解説

Contents[OPEN]


【Instagram】垢バン・凍結されたらどうなるの?

まずは垢バン・凍結とは、どのような状態なのか確認していきます。

利用できなくなって困っている人は、これらの状態に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

【Instagram】本人確認する方法は?できない原因と対処法

自分のアカウントにログインできなくなる

垢バンとは「アカウントBAN」の略です。

凍結も垢バンと同じ意味となります。

Instagramの公式では「アカウントの停止」という名称での処理となり、垢バンや凍結はユーザー同士で使う通称のようなものです。

よって公式へ問い合わせる際は「アカウントの停止」と表記すると良いでしょう。

「アカウントの停止」通称垢バン、または凍結になると、アカウントへログインできなくなります。

メールアドレスやニックネーム、パスワードなどログインに必要な情報を間違いなく入力してもログインできない場合は、垢バンを疑ってみましょう。

投稿・フォロー・DMなどの機能が制限される

垢バンされるとログインが不可能となるので、投稿やフォロー、DMといったログイン後に行う作業はすべてできなくなってしまいます。

DMが使えなくなると、Instagram経由で連絡する約束をしていた場合などに大きな問題になりかねません。

お店の宣伝などの目的で運用していたアカウントの場合は、投稿できなくなるのも大問題でしょう。

普通に運用していれば垢バンされることは基本的にありませんが、知らない内に規約に違反していたといったことがないように今一度、公式の規約や注意事項はよく確認しておきたいところです。

自分のアカウントが使えなくなる

垢バンされると自分のInstagramアカウントの全ての機能が使えなくなります。

ただし、垢バンはあくまで一時的なアカウントの停止です。

よって垢バンが解除されれば過去の投稿やフォロワー情報などは復活します。

垢バンになった際は、異議申し立てをして垢バンの解除を試みるのが先決です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。