スマホで見つける、もっと可愛い私

【Instagram】垢バン・凍結される原因と対処法を徹底解説

【Instagram】垢バン・凍結される原因と対処法を徹底解説

Contents[OPEN]


【Instagram】垢バン・凍結される理由①違反行為・違反報告

ここからは垢バンされてしまう違反行為や違反報告について確認していきます。

垢バンを避けるためには、これらに該当する投稿はもちろん、誤解を与えるような投稿も控えた方が良いでしょう。

【インスタ新機能】Instagramのフィード投稿の写真に音楽を付けられるように!やり方を解説◎

短時間に多数のフォロー・アンフォロー・いいね・DMをした

短時間に大量の「いいね」を押したり、DMをすると垢バンになってしまう可能性があります。

これらは素敵な投稿を見つけたり、フォロワーを探しているときについやってしまいがちな行為ですので注意しましょう。

フォローとアンフォローを繰り返す行為も、垢バンの可能性があるため注意が必要です。

フォロワーを増やしたいときなどに、検索で表示されたユーザーを片っ端からフォローするということも控えた方が良いでしょう。

一気にフォローしたい場合でも、十分な間隔を開けてフォローしてください。

スパム行為や詐欺的な行為があった

スパムとは受信する側の都合を無視して大量にメッセージなどを送信する行為のことです。

投稿と関係のないコメントを付けられたり、まったく関連性がわからない人からフォローされた経験がある人も多いでしょう。

これらがスパム行為の代表的なものです。

ほかにも個人情報を引き出そうとしたり、高額な商品を売りつけたりする詐欺的行為も垢バンの対象となります。

なりすましやアカウントの購入・販売疑惑がある

テレビで活躍する有名人やインフルエンサーを名乗るといったなりすまし行為も垢バンの対象です。

有名人に限らず一般人のなりすましもNGです。

また、購入・販売の疑惑があるアカウントも垢バンの対象となります。

アカウントは自分のメールアドレスや電話番号を利用して、自分で考えたユーザーネームを利用するようにしましょう。

アクション制限を超えた

Instagramでは、いいねやフォローを人為的に集める行為は禁止です。

利用者への呼びかけと同時にアプリ側でもアクションの制限が設けられているようで、一度に大量のいいねやフォローをすると警告のアナウンスが表示される場合があります。

悪質な場合は垢バンされることも考えられますので、アクション制限の警告メッセージが表示されないように気をつけながら利用しましょう。

犯罪組織・テロを支援する行為を行った

犯罪組織やテロ組織など反社会的組織、団体を支援するような投稿は禁止です。

自主的に行うことはもちろん、人から頼まれたとしてもこれらの組織や団体への支援と受け取られる行動は控えましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。