スマホで見つける、もっと可愛い私

【Instagram】ログインできない!エラーの原因と対処法を紹介

【Instagram】ログインできない!エラーの原因と対処法を紹介

Contents[OPEN]


Instagramのログイン履歴を見る方法

Instagramでは、アカウントへのログイン履歴(ログインした日時・場所・デバイス)が保存されるようになっており、いつでも確認することが可能です。

ログイン履歴を見れば身に覚えのない不審なログインがなかったか把握できます。

では、Instagramのログイン履歴を見る方法を詳しく見ていきましょう。

自分のログイン履歴の確認方法

自分のInstagramアカウントへのログイン履歴は、「ログインアクティビティ」から確認することができます。

「Instagram」アプリを起動したら、画面右下のプロフィールアイコンをタップします。

プロフィールアイコンをタップ

自分のプロフィール画面を開いたら、画面右上の3本線をタップしましょう。

3本線をタップ

表示されたメニューから「設定」をタップして下さい。

「設定」をタップ

設定画面が表示されたら、「セキュリティ」をタップします。

「セキュリティ」をタップ

「ログインアクティビティ」をタップしましょう。

「ログインアクティビティ」をタップ

そうすれば、自分のInstagramアカウントへのログイン履歴(ログインした日時・場所・デバイス)が表示されます。

ログイン履歴が表示

ここで身に覚えのない履歴が残っている場合、第三者に不正ログインされている可能性もあるので念のためパスワードを変更しておきましょう。

他のユーザーのログイン状況を確認する

Instagramでは自分のアカウントへのログイン履歴は確認できますが、他のユーザーのログイン履歴は確認できません。

しかし、ログイン状況(現在ログイン中なのか、最後にいつログインしたか)であれば、DMの画面から確認することができます。

相手が現在Instagramにログイン中であればDMの画面に「オンライン中」、ログインしていない場合は「〇時間前にオンライン」というようにいつ頃Instagramにログインしていたかどうかが表示されます。

アカウントへログインできなくて自分のログイン履歴が確認できなくても、友達に協力してもらえば友達のアカウントから自分のログイン状況を確認できます。

ただし、ログイン状況が表示されるのは「アクティビティのステータスを表示」がオンになっているユーザーのみです。

「アクティビティのステータスを表示」がオンになっているユーザーのみ

注意!

  • 「アクティビティのステータスを表示」がオフになっているユーザーのログイン状況は確認できません!

自分のログイン履歴を消す方法

自分のログイン履歴は、「ログインアクティビティ」から簡単に削除することができます。

「ログインアクティビティ」の画面を開いたら、消したいログイン履歴の「…」をタップしましょう。

消したいログイン履歴の「…」をタップ

「セッション情報」の画面で「ログアウト」をタップすればログイン履歴が削除されます。

自分のログイン状況を隠す方法

Instagramアカウントで「アクティビティのステータスを表示」の設定がオンになっていると、他のユーザーはDMの画面からあなたのログイン状況を確認できるようになります。

自分のログイン状況を他のユーザーに公開したくない場合は、以下の手順で「アクティビティのステータスを表示」の設定をオフにして下さい。

「Instagram」アプリを起動したら、画面右下のプロフィールアイコンをタップします。

プロフィールアイコンをタップ

自分のプロフィール画面を開いたら、画面右上の3本線をタップしましょう。

3本線をタップ

表示されたメニューから「設定」をタップして下さい。

「設定」をタップ

設定画面が表示されたら、「プライバシー設定」をタップします。

「プライバシー設定」をタップ

「アクティビティのステータス」をタップしましょう。

「アクティビティのステータス」をタップ

「アクティビティのステータスを表示」のスイッチをオフにして下さい。

「アクティビティのステータスを表示」のスイッチをオフ

これで設定完了です。

インスタの「アクティビティ」機能で利用時間を確認・設定しよう!やり方を解説◎

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。