logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【その他編】

デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【その他編】

デレステとミリシタは何が違うのか。両作品を「コミュ」「音ゲー」「その他」と複数回にわたって比べてみたいと思います。第三弾は「デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【その他編】」です。「コミュ」や「音ゲー」といった要素以外での両者の共通点や相違点。さらに、気になるアレコレを見ていきます!

第一弾はこちら:デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【コミュ編】
第二弾はこちら:デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【音ゲー編】

関連:デレステ記事一覧ミリシタ記事一覧

ロード中に垣間見えるアイドルたちの秘話♡

実は「デレステ」と「ミリシタ」は、共通している点もあるんです。最も目につきやすいのはロード画面中に表示されるアイドルたちの日常1コマ漫画です。まずは、デレステのロード中の1コマ。

ミリシタ音ゲーパート
デレステ

そして、下記がミリシタの1コマ。

ミリシタ音ゲーパート
ミリシタ

イラストのタッチは若干変わっていますが、見ていてクスッとしたり、アイドルたちの意外な一面が見られて新鮮だったりと、基本的なイラストのコンセプトは両者とも一貫しているのがうれしいですよね。

普段は待つのが面倒で嫌なロード画面ですが、デレステとミリシタに関しては「もっと見ていたいのに!」とロード終了を恨むこともチラホラ…。

ゲーム要素でこんなに違う! キャラクターの愛で方

「デレステ」と「ミリシタ」ゲーム要素として最も異なるのは「ルーム」と「お仕事」です。当然、これらの違いはアイドルの愛で方にもすっごく影響しています。

【デレステ】俯瞰で愛玩動物のように「ルーム」

デレステだけのオリジナル要素と言えば「ルーム」機能。

デレステルーム

家具を置いたり、壁紙を張り替えたりと事務所をプレイヤーの好きなようにカスタマイズすることができます。何よりも自分がアレンジした場所でアイドル達が動き回っているのを眺めるのはキュートで愛おしいですよね。

【ミリシタ】アイドル1人1人とじっくり「お仕事」

ミリシタのオリジナル要素は「お仕事」。まぁこれ家庭用ゲーム機版「アイマス」シリーズでは既にあった要素ですが、スマホで「お仕事」できるっていうのは、なかなかポイント高いです!

ミリシタお仕事

アイドルにアドバイスをしてお仕事を一緒に頑張っていく様子が、トップアイドルへの階段を二人三脚で上っている感じがして、まさにアイドルをプロデュースしている感満載ですね。

ちなみに、お仕事中に発生するアイドルへのアドバイス選択イベントですが…

ミリシタお仕事パート

それぞれの選択肢の下に、他プレイヤーが選択した割合が表示されています。しかし、割合の高い選択肢が常に正しいとは限りませんよ(笑)

「デレステ」&「ミリシタ」のココはどうなってるの?

最後は、デレステとミリシタを遊んでいて気になったあんなことやこんなことを確認!

メニュー画面まわりの使い勝手は?

メニュー画面(画面下に配置されている各ゲーム要素への移動ボタン)を含めたゲームシステムの使い勝手はどうなのか? ちょっと確認してみましょう。まずはデレステ。

ミリシタ音ゲーパート
デレステ

そして、ミリシタ。

ミリシタ音ゲーパート
ミリシタ

基本的なメニュー画面の配置や構成は、両者とも同じですが、ミリシタでは、メインコミュを進めていくうえで大切なアイテム「モバイル」が追加されています。

また、デレステでは各要素へメニューからダイレクトに移動できるのに対して、ミリシタの「劇場」内のエリア移動は、メニュー画面から行くことが不可能です。

デレステ劇場

一旦「劇場」へ移動し、そこから「施設移動」で移動するしか方法がありません。

デレステは、各ゲーム要素にアクセスしやすいシンプルな作りになっていて、ミリシタはデレステよりも複雑化しゲームとしての奥行きが深まったという感じですね。

「LIVE」or「ライブ」のお客さんは増えた?減った?

 
ミリシタを初プレイしたときに、ライブで感じたのは「あれ、お客さんの数増えてない?」。では、確認してみましょう。「デレステ」と「ミリシタ」のできるだけ同じアングルの画面から比べてみます。

まず、デレステ(ミリシタがリリースされるまではずっとこの雰囲気で遊んできていたのでお馴染みの光景ですね)

デレステオーディエンス
デレステ

次に、ミリシタ(まだ見慣れていないため、なかなか新鮮)

ミリシタオーディエンス
ミリシタ

デレステのサイリウムのカラーは基本的にピンク、ブルー、イエローの3色。対するミリシタは、サイリウムのカラーバリエーションが増え、かつ1人が持っているサイリウム本数も最大4本までになっていますね。カメラワーク的に引きの距離が違うため厳密ではありませんが、見た感じだと観客数はデレステの方が多そうですね。(ミリシタは、観客間のスキマが広いように感じるからかな…?)

【総括】音ゲーの「デレステ」とコミュゲーの「ミリシタ」

以上3回に渡って「デレステ」と「ミリシタ」を見てきましたが、両作品の特徴や違いを端的に言うと…音ゲーの「デレステ」

デレステ

そして、コミュゲーの「ミリシタ」です。

ミリシタ

全てはこの一言に尽きます!(これが言いたかった)

関連:デレステ記事一覧ミリシタ記事一覧
トモトモ

この記事のライター
トモトモ
どうやらプロデューサーレベル25以上で発生するメインコミュをクリアすると箱崎星梨花の「トキメキの音符になって」が解放されるみたいです。星梨花推しの筆者は今、とりあえずそれを目標に毎晩ライブを頑張ってプレイしています。