logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

プロライターが直伝! 作文が大嫌いな人のための【読書感想文の書き方】

プロライターが直伝! 作文が大嫌いな人のための【読書感想文の書き方】

8月も終盤。宿題は終わりましたか? 中でも嫌いな人が多いのが「読書感想文」…書き方に迷っているあなたや親御さんに、プロライターの肩書を持つ私が、ポイントをお伝えします。目的は「すごい感想文」ではなく「楽しくサクッと書ける感想文」です。読書感想文が嫌いなせいで”一生本嫌い”の人生を送ることがないように、楽しく書きましょう!

まず、読書感想文の基礎知識について

最初に読書感想文の基礎をおさらいしましょう。

どの本を選ぶか

まず、学校によって、本の指定がある場合があります。


課題図書がある場合、多くが公益社団法人全国学校図書館協議会による青少年読書感想文全国コンクールのために選定された書籍です。

指定がある場合はその本を使いましょう。

課題図書

課題図書は、その学年の子が持つ実力に応じた長さ・テーマのものを吟味しているので、まず安心です。自由図書の場合も、困ったら課題図書を使うのがいいと思います。

ですが、やっぱり一番はあなた自身やお子さまが好きな本を読むことですね。

原稿用紙の書き方

小学生までに多いのが原稿用紙3枚(1,200字)の指定ではないかと思います。低学年だと2枚(800字)くらいかな?

原稿用紙

作文を書くにあたっては、いくつか守らなければならない「決まり」があります。これさえ守れば後は自由に書いていいものなので、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

・1行目にタイトルを書く。タイトルを書く時には上から3マスあける
・2行目の下の方に名前を書く
・本文は三行目から。
・「、」や「。」は一番上に来ないようにする。そうなりそうだったら、前の行の一番下の文字にくっつける。
・話が変わるときには段落を変える。段落を変えるときには、書き出しを一マス下げる。


大体これらを守っておけばOKのはずです。

また、原稿用紙3枚(1,200字)程度と言われた際には、私は大体1,000文字~1,400文字程度におさめるのが良いと思っています。この認識は人や学校によって異なることがありますので、担任の先生がなんて言っていたか思い出してみてくださいね。

どうしても書けない場合は、3枚程度なら2枚目の半分は越しましょう。できれば2枚目の左側が半分以上埋まっていた方がいいと思います。

本の選び方

課題図書がある場合はまずそれを用意しましょう。

近くの店舗に課題図書があるかどうか知りたい場合はこちらのアプリが便利です。

honto with

「丸善」「ジュンク堂」「文教堂」の近隣店舗の在庫が分かります!

hontowith

楽天ブックス

自由に本を選びたい場合には、レビューが見られて、あす楽ですぐ届く楽天ブックスがやはりおすすめです。この時期、悠長に届くのを待ってられませんからね!

楽天

本を読む

本を読むときには、できればメモを取りながら読みたいですね。もし、メモを取ることを忘れちゃうくらい面白く読めたらそれはもっといいことですが。

メモを取る際には、話のあらすじ…と思うかもしれませんが、何をどこまで書いたらいいのか分からなくなりがちだと思います。

私がおすすめするのは、登場人物の名前と、その人に対する印象を書くことです。

登場人物

新たな人物が出てきたら名前をメモ。その人が親切にしてくれたら「親切」とメモ。お料理が上手だったら「料理上手」とメモ。どうでしょう、これくらい簡単なメモだったらできそうじゃないですか?

あらすじ

あらすじはですね、裏表紙やカバーのところに出版社側がきちんとまとめてくれているケースが多いです。
もし話の筋を忘れても、書いてあるあらすじを元にして、登場人物のメモがあれば大体思い出せると思います。

いきなり書き始めず、ちょっとだけ考えてみよう

さあ、本を読み終わったら、ちょっとだけ考える時間を取りましょう。
でも大切なのは、難しく考えすぎないことです。

考えすぎない

本来感想って難しく考えないと出てこないものですか? あなたが面白い映画を見た後、友だちにそれを伝えたいと思ったら、何も考えなくても言葉が出てきますよね?

感想には正解などありません。強いて言えば、あなたが思ったことが正解です。
だから、何を書いたらいいか分からないびなら、あなたが「先生から見た正解」を意識しすぎてるのかも。思った通りを書けば大丈夫です。先生とあなたは違う人間ですから。

ただ、友達に話すことと、「書いて学校に提出する」ことはちょっとだけ違います。
だから少しだけ考えましょう。

さて、ここからは例題がないとちょっと話しにくいので、仮にこんなあらすじの物語があるとします。

ねこ

お魚くわえたドラネコを追いかけて裸足で駆けていった陽気な主婦がみんなに笑われていた。お日様も笑っていた。今日は快晴だ。ある日、その主婦は財布を忘れて買い物に出てしまった。いつものように笑う周囲の人間。しかし、彼女は突然羞恥(恥ずかしさ)に目覚めた。同時に、空には厚い雲が立ち込めた。


皆さんは読んだ本を元に、私はこの話を例に感想文を考えていきますね。

まずは感想を一言で

最初に、できるだけシンプルに、本を読んだ感想をまとめましょう。「面白かった」「つまらなかった」「なんかよく分からなかった」「可哀想だった」一言で十分です。

一言

きっとその一言が、あなたの”一番伝えたいこと”になります。

私の場合、上の話を例にすると「主婦、成長したな」になります。

なんでそう思ったのか、重要な場面を思い出してみましょう

あなたが「悲しいな」「面白いな」「変だな」「よく分からないな」と思うには、きっと何かの理由があります。そして、その理由のある場面が、あなたにとってとても大事な場面です。

私の場合は、「財布を忘れたことを主婦が恥ずかしがった」場面になりますね。

財布

もしよく思い出せない場合は、本の裏表紙などにあるあらすじを参考にしましょうね。

その重要な場面は、それまでと何が変わりましたか?

さっき思い出した重要な場面は、きっとそれまでと何かが変わる「転機」だったと思います。それまでは平和だったのに急に悲しいことが起こった、それまで大ピンチだったのに急に助けてくれる人があらわれた―――何かそれまでとの「違い」があるはずです。その違いもメモしてみましょう。

私の場合は、「それまでの主婦は恥ずかしいことをしても気にしなかったのに、急に自分の失敗を恥ずかしく思うようになった」です。

その変化は、なぜ起こったと思いますか?

さて、物語が何らかの変化を迎えたときには、その変化に理由があることが多いです。たとえば、主人公の頑張りを見てくれている人がいたから。戦争が起こったから。友達の忠告を聞かなかったから。実は誤解だと分かったから、などが挙げられますね。

私の場合は、「きっと主婦が賢くなったからだと思う」ですね。
※あのあらすじには突然としか書いていなかったので、予想になります。

気付く

なぜ起こったかについては、はっきり分からないなら「自分はこうだからじゃないかと思う」でも大丈夫です。それに対する感想を一言付け加えるのも面白そうですね。努力が報われたからだと思う、良かった。とか、見ていてくれる人がいてくれたのは幸運だったと思う、とか。

さあ、いったん考えをまとめるのはここで終了です。ここまでで4つのことが出てきました。

1.あなたが一番に感じたこと(感想)
2.どこでそう感じたのか(感想の理由となる場面)
3.そう感じるまでの経緯(感想の根拠となる出来事)
4.その経緯に至る理由・予想(自分の感じた感想に対する付帯説明)

なーんか小難しいですね。でも、この小難しいこと、もうあなたはできちゃってますよ。

かっこよく書こうと思わない

さて、ここまでであなたが本を読んで感じた”感想”がはっきりしたと思います。
あとはこれを紙に書いていくだけです。

書く

世の中には、「まずこれを書き、次に理由を書き…」と親切に指導してくれる指南書もありますが、あなたが伝えたいことを、伝えたい順番で書くのが一番伝わると思います。

人を感動させるような素晴らしい読書感想文が書きたい! というのであれば構成にこだわる必要もあるかと思いますが、そこまで考えていないのならば、話が前後したって、話の移り変わりが急だってかまいません。

実際に好きな映画やゲームの話をする時を考えてみてください。あなたはすばらしい構成でしゃべっているでしょうか?

一番大事なのは”伝えたい”という気持ちです。

♡

今は上手に書けなくても、気持ちがあれば成長と共に書く技術は向上します。けれど、伝えたいと思わなければ、そもそも書きたいという気持ちにすらなりません。

………という精神論ばかりでは役に立たないので、私なら材料をどう感想文にするか実例をお見せしますね。

実例:私なら材料からこう書く

上で挙げたきた材料は以下の4つですね。

1.「主婦、成長したな」
2.「財布を忘れたことを主婦が恥ずかしがった」
3.「それまでの主婦は恥ずかしいことをしても気にしなかったのに、急に自分の失敗を恥ずかしく思うようになった」
4.「きっと主婦が賢くなったからだと思う」

これを元に書いてみます。

私なら、まず書き出しは一番伝えたいことから入ります。つまり1番です。

とある主婦の黙示録を読んで
   1年3組 あぷとぴ まさみ
 私が「とある主婦の黙示録」を読んで一番心に残ったのは、主婦がとても成長したなという点です。

これで書き出しはバッチリですね。次には、2番を選んで、成長が感じられた場面について説明してもいいのですが、4番の理由を述べるのもありです。

私は、きっと主婦が賢くなったんだと思いました。

ここまで読むと、「なぜ賢くなったと思ったのか」の理由が必要そうですね。ここで2番と3番を使います。

 実は、それまでの主婦は、恥ずかしいことをしても、恥ずかしいと気づいていないようでした。たとえば、ある日、主婦はお魚をくわえたドラ猫を追いかけて、裸足で町まで駆けて行ってしまいます。もちろん、町の人たちは主婦を見て笑います。でも、主婦はそれを恥ずかしいとは思いませんでした。お日様も笑っていたし、みんなで笑えるような、穏やかな出来事として描かれています。
 でも、いつものように主婦が財布を忘れてお買い物に出かけた日、突然主婦は「恥ずかしい」という感情を覚えます。どうして突然恥ずかしいと思ったのかは分かりませんでした。でも、私はそこに主婦の成長を感じました。成長とはつまり、賢くなったということだと思います。これはみんなに笑われることなんだ、ということを主婦が自覚したんだと思うんです。

ここまででおよそ400文字です。原稿用紙1枚程度ですね。

私はごく短いあらすじを元に書いたので、実際に本を読んで「自分が思ったこと」を伝えようとすると、もっとたくさん文字数がかかると思います。

ここまで書くと、勘のいい人は「あ、これを言うためにはこれも言わなきゃ」とか「どうしてそう思ったのかをもっと説明しよう」と思いついて、すらすらっと残りも書けちゃいます。

でも、途中で止まっちゃうよ~という人のために、ちょっとだけ”水増しの裏技”もお伝えしますね。

秘儀:水増しの裏技

まず、他に何か書きたいことがないか考える

・心に残った場面(一番好きな登場人物/一番許せなかったこと/一番驚いたこと)を探す

特に一番好きな登場人物についてどう思うか、は書きやすいです。

何にも思いつかないなら、1枚目で書いたことを掘り下げよう

私は1枚目に、「主婦が成長した」「その理由は賢くなったから」「以前の主婦はこんな失敗をしても恥ずかしがらなかった」「でも突然恥ずかしがるようになった」ということを書きました。

「主婦が成長した」を掘り下げるなら、もっと成長が感じられる場面がなかったか…
「賢くなった」を掘り下げるなら、なぜ賢くなったのか自分なりに想像してみたり…
「以前は恥ずかしがらなかった」を掘り下げるなら、他に似たエピソードがないか…
「突然恥ずかしがるようになった」を掘り下げるなら、それまでに伏線になる出来事がなかったか、もう少し考えてみましょう。

考える

疑問に思ったことを書いてしまおう

文学というのは芸術の一つなので、すべての人が完ぺきに理解できるものではありません。
本の中にはよく分からない言い回しや、意味の分からないことがあったと思います。

私なら、「なんで主婦が恥ずかしいと思った時、空が急に曇りだしたなんて表現があるんだろう」と思います。

ハテナ

それに対して、ここの部分を疑問に思ったということと、もしかしたらこういう意図があったんじゃないか、こういう後の場面へのつながりがあったんじゃないかという自分なりの予想を書くのもいいですね。

締めには、「自分がこれからどうしたいか」を書こう

しめに困ったら、とりあえずこれが無難です。「この本を読んで、〇〇すると××になるということが分かりました。私も、主婦のように人を明るくする存在でありたいです」と言った感じですね。

絶対こうする必要はありませんが、この書き方なら簡単に書き終えられるので便利です。

さて、ものすごく長くなってしまいましたが、読書感想文に頑張る良い子とその親御さんにお役に立てれば幸いです。
本は自由に読むものです。感想に正解も不正解もありません、読書や感想を書くことを楽しんでくださいね!

まさみ

この記事のライター
まさみ
今でこそエンタメ系のお仕事が中心ですが、以前は非常に堅い仕事をしていましたし、読書感想文や作文の類は得意でした。市が主催の作文コンテストなんかだと、入選すると図書券がもらえて非常においしかったです。え、今の若い子図書券知らない…? 図書カードだって……?