logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【シャニライ】初イベント「オトヤーヌ」終了。ボーダーは? どれくらいで上位に入れる?【うたプリ】

【シャニライ】初イベント「オトヤーヌ」終了。ボーダーは? どれくらいで上位に入れる?【うたプリ】

シャニライ初めてのイベント「怪盗オトヤーヌの活躍記」が2017年9月14日13:59に無事終了しました。初めてのイベントが6曲1セットのセットリスト形式(セトリ形式)ということで、ちょっと出だし戸惑っちゃった方も多いのでは? この記事では、オトヤーヌのランキングボーダーから、次回イベントを有利に走るにはどうしたらよいか考察していきます。

関連記事:シャニライ記事一覧へ
シャニライ初心者攻略記事

まずはボーダーの確認から

ト

ボーダーごとにもらえる報酬

順位 報酬1 報酬2 プリズム
上位1% UR【ジェントルファントムシーフ】一十木 音也3 SR【ジェントルファントムシーフ】愛島 セシル2 300個
上位2% UR【ジェントルファントムシーフ】一十木 音也2 SR【ジェントルファントムシーフ】愛島 セシル2 280個
上位3% UR【ジェントルファントムシーフ】一十木 音也2 SR【ジェントルファントムシーフ】愛島 セシル1 260個
上位4% UR【ジェントルファントムシーフ】一十木 音也1 SR【ジェントルファントムシーフ】愛島 セシル1 230個
上位5% UR【ジェントルファントムシーフ】一十木 音也1 SR【ジェントルファントムシーフ】愛島 セシル 200個
上位10% UR【ジェントルファントムシーフ】一十木 音也 SR【ジェントルファントムシーフ】愛島 セシル 150個
上位15% SR【ジェントルファントムシーフ】愛島 セシル プレミアメダル2枚 100個
上位20% プレミアメダル2枚 90個 280個
上位30% プレミアメダル1枚 ゴールドメダル3枚 80個
上位40% プレミアメダル1枚 ゴールドメダル3枚 70個
上位50% ゴールドメダル2枚 シルバーメダル10枚 60個
上位60% ゴールドメダル2枚 シルバーメダル10枚 50個
上位70% ゴールドメダル1枚 シルバーメダル10枚 40個
上位80% ゴールドメダル1枚 シルバーメダル5枚 30個
上位100% シルバーメダル5枚 30個

オトヤーヌベントのボーダー

各報酬のボーダーポイントです。ボーダーポイントとは、その報酬がもらえた人の中で一番順位が下の人のポイント(一番少ないポイント)を言います。

順位 スコア
上位1% 467688
上位2% 355450
上位3% 321758
上位4% 294249
上位5% 279792
上位10% 232894
上位15% 139479
上位20% 103250
上位30% 57500
上位40% 32132
上位50% 18711
上位60% 10613
上位70% 5700
上位80% 2551
上位100% 50

最終順位は291090位でした。30万人近い方が参加されたんですね。

この数字をもとに、今後の対策を考えていきましょう。

限定URを入手するには、ポイントボーナスで1枚確保がマスト

ト

まず、UR音也の1枚取りボーダー(上位10%)を見てみると、音也が絶対もらえるイベントpt220000を上回っていることが分かります。このことから、ポイント報酬でとれなくてもランキング報酬を狙う……ということは、現状のボーダーでは不可能に近いと考えられます。

上位10%

条件が変わらないまま同じ形式のイベントが開催された場合、一般的には最初の数回はどんどんボーダーが上がっていく傾向があります。時間が経てば皆さんの戦力や、音ゲーの腕が成長していますからね。つまり、初回イベントでUR1枚とれるランキングボーダーが、ポイント報酬のポイントを上回っていた場合、次回も高い確率で上回ることが予想されます。

ある程度イベント形式に慣れると、大体これくらいのラインがボーダーになると予想がつくようになるのですが、最初の数回は上昇傾向が強く、しばらくボーダーを予想することはかなり難しいです。

次回もまたセットリスト形式(セトリ形式)とは限りませんが、次回また同形式のイベントが来た場合には、このページに掲載されているボーダーの数値の上を狙うようにした方がいいと思います。

限定SRの入手も同様

ト

また、限定SRについても同様のことが言えます。SRセシルの1枚取りボーダー(上位15%)は、セシルが絶対もらえるイベントpt91500をかなり上回っていますね。

無課金・戦力底辺・プリズム縛りでも上位30%なら入れる

私自身はこの記事の後半にあるように、戦力はUR1枚・R1枚、極力プリズム温存というテーマでこのイベントを走っていました。その条件でイベントを走るとどんな結果になるかは、またあとでセットリストイベントの形式を考える記事に追記しますので、ぜひご覧ください。

まず、その条件でランキングはどこまで上れそうかですよね。

イベント開始5日目くらいから、ずっと上位30%をキープできていました。ものすごくキツキツで回さなくても大丈夫だったのは、皆さん多分スタートダッシュで疲れたからだと思います。

LPを漏らすことも多々あったのですが、配布LPはイベント開始前の分も含めて全部使いきっています。

LP

上位30%というと、報酬はこんな感じですね。

上位30% プレミアメダル1枚 ゴールドメダル3枚 80個

プレミアムメダルゴールドメダルは現状入手が難しいアイテム。メダルショップでピースや背景などに交換できます。

ト

それはもちろん嬉しいんですが、メダルの1枚や2枚ではなかなか戦力の強化に至らないのが辛いところ……。

かといって、SRやURなど戦力に直結するブロマイドがもらえる15%以内に入るのはかなり難しいです。というか、まず上位30%がものすごく厚いです。回しても回しても抜けられないので、上のランクに移るのは諦めました。一方、仕事が忙しくて半日以上放置したりしても、上位30%から落ちてた…ということはなかったです。

30%
9月13日時点のランキング。割と安定してこの辺でした

出来る範囲で頑張って回すと、大体の人が上位30%に収まるのではないかなーと思っています。

オートライブでもそんなに効率は落ちない! とにかく回す

今回、最後の検証記事で言及しましたが、オートライブだからと言って著しく不利になることはないことが分かっています。ならばひたすら回すのみ!

ト

ブーストも、総セットリスト周回回数が少なくなって、完走報酬分損をしてしまう以外は目立ったデメリットがありません。LPを漏らすよりはポイントに変換したほうがお得です。

30%
完走報酬は結構大きいけど、LPが漏れるよりいい!

上位10%(UR圏内)に入るには時間とプリズムの確保を

UR音也を獲得できる上位10%のボーダーはおよそ230000でした。

今回のイベント期間が214時間。

仮に寝ずに張り付いたとして、単純に230000÷214=1074(小数点以下切り捨て)

つまり、1時間に1074pt稼ぎ続けなければなりません。

一方で、LPは3分で1回復なので1時間に20しか回復しませんね。LP20でポイントを1000以上稼ぐのはまず無理だと思います。ということは、この時点ですでにプリズムを回復に回さなければ上位には入れないことが分かります。

ト

(実際には1日に50LPが配布されますが、50÷24≒2……焼石に水ですね。報酬LPについても同様)

また、1時間で1000ptを稼ぐためには、1曲で400pt稼いだとして2曲半プレイしなければなりません。1曲にかかる時間を3分とすると、1時間に7分半。毎日180分(3時間)をシャニライに費やさなくてはなりません。これは辛い。全曲に3倍ブーストを使ったとしても1時間ですね。

時間効率については戦力を整えることや音ゲーの腕を上げることで多少改善が出来そうですが、LPの回復速度ばかりはどうにもならないので、「走ろう!」と思ったイベントの前にはプリズムを準備なさることをおすすめいたします。

ト

以上が、初めてのイベントを終えてみて考えたことです。今後も何か分かったことがあれば追記していきますね。また、セットリスト効率記事では弱小編成・プリズム縛りで走ってみた反省会を行う予定です。他にイベントの総括記事も出ますので、そちらもぜひご覧くださいね。

まさみ

この記事のライター
まさみ
初めてのイベントお疲れさまでした。シャニライの記事は編集部のメンバーで協力しながら書いています。みんなで力を合わせたおかげで、多くの方に見ていただくことができてうれしいです。少しでもお役に立っていたら嬉しいな…。