logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

戌年のご挨拶を愛犬スタンプで♡まだギリギリ間に合う!?LINEスタンプの作り方

戌年のご挨拶を愛犬スタンプで♡まだギリギリ間に合う!?LINEスタンプの作り方

こんにちは、アプトピの犬担当(自称)桃花です♡来たる2018年は戌年、愛犬家さんたちが最も盛り上がる年ですね!お正月には、かわいい愛犬LINEスタンプを作って、新年のご挨拶がてら愛犬自慢をしてみませんか?写真も画像編集も下手くそな桃花が、だれでも簡単にサッと作れるやり方をご紹介しますワン(*´∀`*)

今回は「LINE Creators Studio」を使って超お手軽に作成!

もう既に年末、今年も残すところ一週間とちょっと…!でも今から全速力で取り掛かれば、新年に愛犬スタンプでご挨拶も夢じゃないんです。(運にもよりますが)

【LINE Creators Studio】(ラインクリエーターズスタジオ)を使うと、本当にサクッとスタンプが作れます。

今回はとにかく早く作りたい人向けなので、絵を描いたり写真に凝った編集をするなどの説明はまるっと省き、「既存の写真を切り抜いて作る」やり方の説明だけさせていただきますね。

(´-`).。oO(というか桃花がそこまでのレベルに至れてないワン)

ダウンロードできましたか??

それではチョッパヤで作っていきましょう。もう時間との勝負は始まってますので、ケツカッチンです。

過去には鬼才・えりなっちさんもこのアプリを使ってセンスあふれるスタンプを作成してましたので、絵を描いて作りたい方はそちらの記事を参考にしてみてくださいね。

関連:LINE Creators Studio レビュー記事

とりあえず写真を切り取って、テキストをひっつければスタンプになるよ!

適当にタイトルをつけて、作成開始!

はじめにタイトルから入力させられますが、後からでも変更可能なので、ここでは適当でも大丈夫です。

スタンプの数は、8個・16個・24個・32個・40個とセットにできる数が決まっているので、そこも意識しながら作っていきましょう。

LINE Creators Studioのタイトル入力画面

真ん中の丸いアイコンを選択すると、自分のカメラロールにある写真からスタンプを作ることができます。

スタンプにしたい写真を選んで、切り抜こう

スタンプにしたい写真を選び、「なぞる」か「かたち」を選んで切り抜きます。

LINE Creators Studioで犬の画像を切り抜く画面

「なぞる」だと左の画像のように、「かたち」だと右の画像のようになります。

LINE Creators Studioで切り抜く犬の画像の形を整える画面

あとは自分の好きなようになぞって輪郭を整えたり、かたちの中に上手く収まるようにレイアウトをしていきます。

「なぞる」の線は細かく調整可能

写真をなぞって輪郭が決まったら、線の上に緑のガイドが出てきます。

これを動かして、線を細かく調整することもできちゃいます。

LINE Creators Studioで犬の画像の切り抜きを終えた状態

…細かく調整できるからと言って、丁寧な感じのスタンプになるかはその人のセンス次第、というのがよくわかる画像ですね( ̄∀ ̄)桃花は大雑把。

「ブラシ」で手書きしてみたり…

ここから、切り抜いた写真を編集していきます。
「ブラシ」を使うと、写真の上に手書きで文字や絵が書けます。

LINE Creators Studioで切り抜いた犬の画像をブラシを使って手書きのハートマークを加えた状態

書いたものが気に入らなかったら、左向きの矢印アイコンをタップすると消すこともできますよ☆

消しゴムツールは残念ながらまだありません(´;ω;`)

「テキスト」で活字をはりつけたり…

絵や手書きの文字に自信がなければ、「テキスト」だけでもOK!

LINE Creators Studioで切り抜いた犬の画像にテキストを入力した状態

テキストの色や、文字の後ろの色も選べます。これで一気にスタンプっぽくなってきましたね☆

テキストや絵を入れるときは、背景の中でも見えやすい色にした方が、送った相手にも読みやすくて良いと桃花は思いますよ〜(*´∀`*)大雑把でも、小さな気遣いは大事です。

スタンプができたら早速申請!!

必要な数のスタンプができたら、LINEスタンプを申請してみましょう!こちらのやり方は超簡単です。えりなっちさんの記事にも細かく書かれているので、この記事では割愛しますね。

関連:LINEスタンプの申請方法 レビュー記事

申請時までには、スタンプのタイトルや分かりやすい説明文をバシッと考えておきましょう。ついでに英語でのタイトルや説明文の登録も求められますが、海外で売る気がないならここはテキトーでいいと思います\(^o^)/

LINE Creators StudioのLINEスタンプ申請画面

販売価格は120円・240円・360円・480円・600円から選んで自分で決められます。

しかし…自分が作ったものがリリースされたら、なぜか自分もお金を出して買うはめになるので、ふっかけると自分も痛い目に遭いますよ(笑)ぼったくりイクナイ。

承認までは1週間前後かかる可能性もあるのでご注意を!

桃花は16個セットのスタンプをグズグズ1時間くらいかけて作ったんですが、申請してから承認までは約1週間かかりました。

LINE Creators StudioのLINEスタンプ販売開始画面

今から作って申請しても、1月1日に間に合わないことはあり得ますので、そこはご承知おきください。

でも、運が良ければもっと短くて済む場合もあります。ひなこ先輩は申請から2日で承認されてましたし!

…うん、大丈夫大丈夫!新年明けても1月上旬までは「あけおめ」って言っても良いはずだから!多分。諦めないで!!!

【超絶】「あけおめ」入れ忘れた【悲報】

こちらが桃花の作った愛犬スタンプです。

うちの子は全体的にあざといので、生意気な表情多め・「言いにくいことを可愛く言う♡」がコンセプトになってます。

LINE Creators Studioで作成した犬のスタンプ情報画面

客観的に見ると、とにかく雑ですね。ひとえにこれは桃花の切り抜きの雑さのせいです。まあ、ほぼ自分用のつもりで作ったからね?(いいわけ)

そして「新年の挨拶に使おう♪」と思って作り始めたのに、「あけましておめでとう」を入れ忘れるという……

(´;Д;`)なんのために作ったのか!!?

初めて作る方に向けて、桃花からのアドバイス(偉そう)

桃花は今回初めてスタンプを作ったんですが、思った以上に簡単でした。ぶきっちょさんもお子さんも、ワンちゃんでもできると思います♡

最後に、実際にスタンプを作ってみて、私が「これは絶対必要」と思ったことを書いておきますね。

テキストは見やすく!

例えばピンクの背景にピンクの文字、などにしてしまうと、全く見えなくなってしまいます。返信代わりにも使うスタンプ、文字が見えないのは致命的ですよね。

誰に送っても意図を分かってもらえるために、見やすさは大切です。

「ありがとう」「お疲れ様」など、使いやすいスタンプをたくさん入れた方が良い!

桃花が作ったスタンプは、はっきり言って身内向けです。「いろんな人に売る」なんてことは、考えてませんでした。売れる気もしないしね(笑)

LINE Creators Studioで作成した犬のスタンプの1つ
いまのところ、これが1番使い所ない

でもね、お友達とかも「欲しいな♡」って言ってくれて、本当に買ってくれたりもしちゃいまして。ひなこ先輩とか。あざす!

…お金を出して買ってもらったのに、使いにくかったら申し訳無さすぎじゃないですか!?

わーん、どうせならもっと使えるスタンプにすれば良かった〜!とか嘆いても、後の祭りです。みなさんは使いやすいスタンプを目指してください!

その点、ひなこさんのスタンプはとても使いやすくて素晴らしいです。

LINE Creators Studioで作成した別の犬のスタンプ

ひなこさんのコミュ力の高さが伺える言葉のチョイス。これがセンスの差です( ;∀;)

送られた人が嫌な気持ちになるような絵や言葉は入れない!

これは当たり前のことですが、スタンプも会話の一部ですから、見る人のことを考えて作りましょう。

下品な画像、あまりに意地悪な言葉や、汚い言葉使いのテキストなどは絶対にNGです。公序良俗に反する場合は、審査にも落とされてしまいます。毒舌もほどほどに☆

作り終わったらちゃんと確認するべし!

これはまさに「オマエが言うな」なんですが…(´;ω;`)1番身にしみたことなので、声を大にして言います。スタンプを作り終わったら、しっかり内容を確認しましょう!

なんとなくで作り始めると、うっかり大切なスタンプを入れ忘れることもありそう(…桃花だけ??)なので、作りたいスタンプをメモしてから作ってもいいかもしれませんね。

さらに、申請した後やリリースした後には、修正はできません。誤字脱字などがないかもしっかりチェックを!

審査基準などの詳細は、LINEクリエイターズマーケット 審査ガイドライン(https://creator.line.me/ja/review_guideline/)も参照してみてください。

ザックリ言うと、製作時間1時間+審査待ち1週間でリリースできた桃花の愛犬スタンプ。年末なのでもっと時間がかかってしまう可能性もありますが、今からダッシュで作れば、お正月のご挨拶に間に合うかもしれませんよ。

愛犬家さんはぜひ、戌年を迎えるこの機会に愛犬スタンプを作ってみてくださいねU^ェ^U良いお年をワン!

桃花

この記事のライター
桃花
切ってテキストを貼り付けるだけなのに、抗えないセンスの差。でもちょっとコツを掴んだ気がするので、来年は第2弾も作りたいです。「あけおめ」は絶対入れます。

この記事に関するキーワード