logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【事前予約】3分の白熱ドールバトル!ハイスピードアクション【ドールズオーダー】

【事前予約】3分の白熱ドールバトル!ハイスピードアクション【ドールズオーダー】

ファントム オブ キル」や「シノビナイトメア」などを生み出したgumiが贈る、新たなアクションゲーム「ドールズオーダー」。何やらドールと呼ばれる美少女キャラで2対2のハイスピードなバトルを楽しめちゃう期待の作品が、2018年春に登場予定ですよ!

※アイキャッチ画像出典:ドールズオーダー PV

スピード感が気持ち良いバトルアクション!

ドールズオーダー」は、2対2ハイスピードアクションゲームです。

公開済みの情報から筆者が感じる本作の魅力は、ずばり「スピード感」。

公式サイトで公開中のPVを見ていると、プレイヤーが戦いで操るキャラクター「ドール」たちの一挙手一投足が、とにかく俊敏。

その速さは、PVを見ているだけでも伝わってきます!

ドールズオーダー
出典:ドールズオーダー PV

例えば、敵と先ほどまで一定の距離を保っていたかと思えば、ススっと間合いを詰めて一気にザクッと攻撃したり、常に一瞬先がどうなるか、気の抜けない白熱バトルを楽しめそうですよ。

戦略をじっくり考えて敵を倒すRPGタイプの達成感ももちろん楽しいです。しかし、本作のように刹那的に相手を倒す爽快感も、また格別の楽しさがありますよね?

ドールズオーダー
出典:ドールズオーダー PV

このハイスピードバトルに彩りを添えるのが、2対2で時間は3分というバトルの形式。

2人で敵一体に攻撃対象を絞って集中的に攻撃する。もしくは、それぞれが別の相手に攻撃を仕掛けていく。2人の間での連携次第で、戦況は大きく変化しそうです。

まだ公開されている情報が少ないため、よりバトル部分の続報に期待!

「ドールズオーダー」の気になる2つの魅力

豪華声優陣がドールの声を担当

本作を語る上で欠かせない存在が、マスター(プレイヤー)のパートナーであるドールたち。

ドールズオーダー
出典:ドールズオーダー PV

彼女たちとプレイヤーがどのような物語を展開していくのか、その辺りも遊ぶ際には注目です!

現在公式サイトでは、総勢19体のドールが紹介中。ドールたちを見ていると、いずれもカッコよさと可愛いさを兼ね備えた魅力的なキャラクターばかり。

お姉さまや妹キャラといったお馴染みのタイプをはじめ、生意気で天邪鬼な努力家タイプや自分が大好きタイプなど、バリエーションはとても幅広いです。そのため、お気に入りが見つかること間違いなしですよ。

例えば、ドールの中の1人「ヴィヴィアン」は…。

ドールズオーダー
出典:ドールズオーダー 公式サイト

グラマラスで、包容力の高そうなお姉さまキャラ。声を担当するのは、たかはし智秋さんです。キャラと声が醸し出す雰囲気の相性がとっても良さそうですね!

他にも、佐倉綾音さんや水瀬いのりさん、さらに三森すずこさんなど、アニメやゲーム好きな人なら一度はその声を耳にした人も多いであろう豪華声優陣が各ドールの声をあてています。

公式サイトでは、ドールたちそれぞれのサンプルボイスも試聴可能。

気になるドールや声優さんをチェックして、ゲームの配信日までにお気に入りを見つけてみましょう!

ドールの個性を活かして成長させよう

ドールたちは、それぞれ個別のアビリティ(能力)を備えており、それらを強化させることで、より強く育成することが可能のようです。

下記ゲーム画面を見てみると、能力は大きく5つのパラメータから構成されているようですね。

ドールズオーダー
出典:ドールズオーダー PV

筆者の予想ですが…

といった感じでしょうか??

攻撃力に伸びしろのあるドールや防御力に長けたドールなどそれぞれの素質によって、戦術を考える楽しさも広がりますね。

目指せ30万人。事前登録受付中!

3分で決着がつく2対2のハイスピードバトルが楽しい「ドールズオーダー」。注目の配信予定時期は、2018年春となっています。

配信前の現在では、事前登録キャンペーンが開催中です。

そんな本キャンペーン、登録者数25万人を超え、目下30万人突破を目指して進行中!

ドールズオーダー
出典:ドールズオーダー 公式サイト

このキャンペーンでは、主に「フォトン」と呼ばれるガチャを回すために必要なアイテムがプレゼントされます。

1回ガチャを回すために必要なフォトンの個数は、30個とのこと。登録者数が30万人を超えればフォトンは、300個プレゼント。つまり、ガチャを10回もチャレンジできちゃう計算になるのです。う~ん、すごい!

10回ガチャを回すためにも事前登録はお忘れなく。

トモトモ

この記事のライター
トモトモ
「ハイスピードアクション」。しかも、対戦時間はわずか3分というお手軽さ。長時間じっくり腰を据えて遊ぶゲームも、もちろん楽しいですが、こういったサクッと楽しめるタイプも良いですよね!

 

この記事に関するキーワード