『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneで写真を消してしまった時の復元法・間違って消さないための予防法まとめ

iPhoneで写真を消してしまった時の復元法・間違って消さないための予防法まとめ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。


Yahooメールなどは制限があるので注意

いわゆるフリーメールサービスですが、大体の場合、保存可能な容量に制限があります。こういった場合、勝手にメールが削除されるというサービスはほとんど存在しません。容量が制限値に達すると送受信ができなくなる、というのが一般的です。

つまり、フリーメールで消してしまった写真をやり取りした事があれば、そのメールを消去していない限り復元可能です!!

docomo・au・Softbankなどのキャリアのメールでの復元方法

キャリアメール(メール・ショートメッセージ)も、Yahooメールなどと同じで、保存容量に上限があります。

photo-Backup

使っているキャリアによって保存容量の上限は違いますが、大手3社は容量を越えると古いメールから削除されていくようです(ショートメッセージの方が容量が少ないので気を付けましょう)。

ですが、保存期間は無期限ですので、あまりにも古いメールでなければ残っている可能性が大きいです!

写真をキャリアメールでやり取りしていた場合は、そのメールが削除されていなければ復元できます!

インスタやTwitterから写真を復元する方法

消しちゃった写真をインスタ・TwitterなどのSNSに上げていないかも確認しましょう!もし上げていたら復元できますよ!

Twitterに上げていた場合

「Twitterに写真をアップしたぞ!」

という記憶がある場合も、

(´-`).。oO(もしかしたら写真アップしたかも)

と、あやふやな場合も、

photo-Backup

Twitterのプロフィールから、「メディア」を選択しましょう!

「メディア」を選択すると、投稿したツイートに写真や動画が添付されているモノだけを見られます!

目的の写真を見つけたら、画像をタップして、

photo-Backup

写真を保存」をタップすれば復元完了です!

インスタに上げていた場合

インスタに写真をアップしていた場合は、ちょっと面倒な復元方法になってしまいます。

photo-Backup

まず、復元したい写真を発見したら、スクリーンショットを撮りましょう!

photo-Backup

そしたら、「編集」をタップして、サイズ変更!

photo-Backup

キレイに写真の部分だけを切り取れば……

photo-Backup

復元完了です!

画質は落ちちゃいますし、投稿する時に正方形にしていたらサイズが変わっちゃうので、完全な復元は難しいですが、1つの手段として使っていただければと思います!

パソコンや外付けHDDなどにバックアップしていた場合の写真復元方法

もしもあなたがパソコンのiTunesなどに、iPhoneをバックアップしていた場合は、写真を復元できるかもしれません。

しかし、iCloudバックアップと同じで、バックアップ以後のデータが消えてしまうので注意が必要です。

また、「iCloud写真」をオンにしている場合は、パソコンからiCloudにアクセスして、PCや外付けHDDなどに写真をコピーしておきましょう!

ということで、間違って写真を消しちゃった時は、慌てず冷静に写真の復元方法を試していきましょう!それと大事なことは、バックアップを小まめに取る、これに尽きると思います。個人的なオススメは「Googleフォト」です。それでは、大事な思い出を失くさないよう気を付けて行きましょう!

ポッポ

この記事のライターポッポ
ちょっと前に江ノ島に行って、先日「青ブタ」のTVアニメと映画見てきました。メチャクチャ「ここ行ったところだ!」ってなりました。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。