『かわいい』が生まれる場所。

Twitterのアカウント名とは?ユーザー名との違い・変更方法を解説!

Twitterのアカウント名とは?ユーザー名との違い・変更方法を解説!

Twitterを使ってみると、他のユーザーさんたちが個性豊かなユーザー名を使っているのに気づきますよね。ユーザー名は、自分の個性が一番出せる場所。Twitterを使いこなしていくと、自分らしいユーザー名に変えたくなるものです。

そうはいっても「ユーザー名とアカウント名の違いって?」「どうやって変更するの?」と混乱してしまう人もいます。

そこで今回の記事では、Twitterのアカウント名とユーザー名の違いや変更する方法について画像付きで詳しく解説します!自分らしいユーザー名に変えて、Twitterを自分流にカスタマイズして楽しんでみてくださいね。

Twitterのアカウントに関する情報

Twitterのアカウントには、

  • アカウント名
  • ユーザー名
  • ユーザーID

があります。まずは、それぞれの意味や違いを解説しますね。

Twitterのアカウント名はニックネームのようなもの

Twitterのアカウント名は、あなたのニックネームのようなものです。アカウントのアイコン下に太字で表示されている名前を指します。Twitterに登録するときに自分で設定するもので、他のユーザーさんが一番最初に見る部分です。

Twitterアカウント名

たとえば、上の画像の場合は「APPTOPI(アプトピ)【公式】」がアカウント名になります。法人のTwitterアカウントは、社名や店名が入っているものがほとんどで、いわば看板のようなものですね。

Twitterのユーザー名は本名みたいなもの

Twitterのユーザー名は、本名みたいなものです。Twitter画面で見ると、太字のアカウント名の下にある「@」から始まっているものを指します。アカウント名との違いは、ユーザー名は半角英数字と一部の記号で作られていて他の人とかぶってはいけない点です。

twitterユーザー名

上の画像だと、@を含む「@apptopi」がユーザー名になり、DMでのやり取りをするときに使います。

アカウント名は同じこともありますが、ユーザー名は一つだけ。そのため、ユーザー名が分かっていると検索するときにとても便利です。

TwitterのユーザーIDはマイナンバーのようなもの

TwitterのユーザーIDは、マイナンバーのようなものです。ユーザー名とユーザーIDを一緒だと勘違いする人も多いですね。

しかし実際には、ユーザー名とユーザーIDはまったくの別物。アカウント名を「ニックネーム」、ユーザー名を「本名」とするなら、ユーザーIDは「マイナンバー」のようなものです。

ユーザーIDは、Twitterにアカウントを登録するときに割り当てられます。ただ普通に使っているぶんには、目にすることはありません。

したがってユーザーIDは、アカウントを登録すると自動的に振り分けられる管理番号ということです。ユーザーIDを調べれば、なりすまして誹謗中傷する人の追跡できます。

TwitterユーザーIDの調べ方

ユーザーIDは、普段使っている画面には表示されません。とはいっても、気になる人もいるのではないでしょうか。そこでユーザーIDの調べ方を解説しますね。

まずTwitterの自分のアイコンをタップしてメニューバーを表示します。

Twitterメニューバー

メニューバーの下の方にある「設定とプライバシー」を選択してください。

Twitter設定とプライバシー

次に、ユーザー名の下にある「アカウント」を選択します。

Twitterアカウント画面

「Twitterデータ」を選択すると別ウィンドウが開くので、そこでTwitterのパスワードを入力すればTwitterデータのページに入れます。そこから「アカウント」を選ぶと、あなたのユーザーIDが表示されますよ。

ユーザーIDの調べ方

  1. メニューバーを表示
  2. 「設定とプライバシー」を選択
  3. 「アカウント」を選択
  4. 「Twitterデータ」を選択
  5. Twitterのパスワードを入力
  6. 「アカウント」を選択

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。