『かわいい』が生まれる場所。

iTunesの使い方や設定方法をイチから徹底解説!【初心者必見】

iTunesの使い方や設定方法をイチから徹底解説!【初心者必見】

iTunesの使い方《再生編》

iTunesでは以下のような再生に関する便利機能があります。

POINT

  • シャッフル再生でランダムに楽曲を再生
  • 「次はこちら」でいま聴いている曲の次の曲を予約
  • クロスフェードでかっこよく曲を切り替え
  • イコライザで好みの音のバランスを設定する
  • Geniusシャッフルで相性の良い楽曲をシャッフル再生

1つずつ具体的に見ていきましょう。

音楽をシャッフルで再生する

アルバムやプレイリストの曲順をランダムに再生したい時におすすめなのが「シャッフル再生」です。毎回違う曲順で再生してくれるので、飽きがこないメリットがあります。プレイリストやアルバムでのシャッフル再生は、そのリスト内の曲を再生している状態で「すべてをシャッフルする」を選択しましょう。

すべてをシャッフル

また、iTunes内の全曲リストでのシャッフル再生もできます。まずは曲のタブを開いて好きな曲を1曲選んで再生をしてください。すると画面上部の曲名の左側にシャッフルマークが現れます。こちらをクリックすると全曲リストからのシャッフル再生が設定されます。

曲名横のシャッフルマーク

「次はこちら」を設定する

曲一覧を見ている時に「この曲聴きたいけど、今の曲を途中で切りたくはない」と迷ってしまうことはありませんか。そんな時は「次はこちら」の設定を使ってみましょう。これはいま流れている曲の次に好きな曲を予約できる機能です。

次に再生を選ぶ

設定方法はとても簡単!次に流したい曲の上で右クリックをし、「次に再生」を選ぶだけです。ちょっとしたストレスも解消してくれる便利な機能ですよね。

クロスフェード

クロスフェードとは、複数の音を繋ぎ合わせる方法のこと。例えばAの曲が終わりそうになったら少しずつフェードアウトさせ、次に流すBの曲を徐々にフェードインさせます。2つの音が重なりつつも自然と次の曲に切り替わることから「クロスフェード」と呼ばれています。普通に曲を切り替えるよりもカッコイイつなぎとなるので、おうちデートなどでも役立ちます。

まずは「編集」「環境設定」の順に選択します。

環境設定を選ぶ

iTunesの環境設定画面が開いたら、「再生」タブの「曲をクロスフェードする」にチェックを入れてください。設定できたら「OK」を押して完了です。

クロスフェードの設定

クロスフェードはシャッフル再生では自然とオフになってしまうので、注意してくださいね。

イコライザで音質を調整する

イコライザとはEQと略されることが多く、主に音質の補正などを行う機能です。まずは「表示」「イコライザ」を選択します。

イコライザを表示

すると画面中央にイコライザのコントローラが表示されます。左側が低音域で、右側が高音域です。手動で操作しても構いませんが、ウィンドウ上中央の四角をクリックすると「R&B」や「HipHop」など、ジャンルに合ったイコライザを選ぶこともできます。

イコライザを調整

Geniusシャッフルで再生する

プレイリストでも紹介しましたが、iTunesにはプレイリストや再生履歴を元に相性の良い曲を選んでくれるGenius機能が搭載されています。Geniusはプレイリスト作成だけでなく、シャッフル再生もできるので、ぜひ試してみましょう。

手順はとても簡単で、「コントロール」「Geniusシャッフル」を選択するだけです。

Geniusシャッフルを選ぶ

また、Geniusシャッフルを有効にしている間は、画面左上にGeniusシャッフルボタンが表示されています。これを押すことで基準となる曲を変えてくれるので、飽きずに楽曲を楽しめますよ。

Geniusシャッフルアイコン

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。