『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneのマイク位置はどこ?1つだけじゃないマイクの役割とは

iPhoneのマイク位置はどこ?1つだけじゃないマイクの役割とは

普段何気なく使っている通話機能や動画を録画する機能ですが、これらを使うときにiPhoneのマイクがとても役に立っています。

iPhoneにはいくつマイクが搭載されているか知っていますか?

Androidは「2つ」ですが、iPhoneは「3つ」もあるのです!

電話やFaceTimeをしているときに「声が小さい」と言われたり、相手の声がこもって聞こえたり小さすぎて聞き取りにくかったり…という経験はありませんか?

また、動画を撮ったときに「音が普段よりも小さい」という不具合を経験したことがある人もいると思います。

これらの症状は、もしかしたらマイクが原因で不具合が出ているのかもしれません。

この記事では、「なぜiPhoneにはマイクが3つあるのか」「3つのマイクのそれぞれの機能について」「マイクに不具合があるときの対処法」などをご紹介します!

iPhoneに搭載されているマイクは3つ

iPhoneには、それぞれ違った役割をしているマイクが3つ搭載されています。

「3つもあるの?!」とびっくりされた人もいるのではないでしょうか。

なぜ3つなのかも気になりますよね。

まずは、なぜ3つマイクがあるのかご説明します!

iPhoneに3つのマイクがある理由とは?

なぜこんな小さな本体に3つもマイクが搭載されているのでしょうか。

それは、それぞれ違った場所での役割を担っているために、1つではなく3つのマイクが搭載されているからです!

役割については、この後詳しくご紹介しますが、役割の違う機能を1つの場所にまとめたりするのは大変です。

電話やFaceTimeなど、機能が違うアプリは1つの場所にまとまっておらず、別々のアプリとしてインストールされていますよね。

このように、役割や機能が違うものを1つにまとめるのは大変です。

そのため、役割が違うマイクは3つの場所にわけて搭載されているのです。

iPhoneに搭載された3つのマイク位置

「マイクがどこにあるのかわからない」という人もいると思います。

iPhoneのマイクは、以下の3箇所にあります。

  • 外側のカメラのある背面
  • 画面上部の前面
  • 充電口がある本体の下部

ぜひこの機会にマイクの位置を確認してみましょう!

背面マイクの位置

外側のカメラのある場所に1つ目のマイクがあります。

iPhone11には、3つレンズがありますが、右側のレンズの下の小さな網の丸がマイクです。

以下の写真の場所に背面マイクがあります。

背面マイク 場所

前面マイクの位置

画面の上部に前面マイクがあります。

内側の画面上部、カメラの横に電話で話すときに耳を当てる部分がありますよね。

外から見えないのでわかりづらいですが、スピーカーの右側にマイクが内蔵されています。

前面マイク 場所

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。