『かわいい』が生まれる場所。

【PC・スマホ】Zoom(ズーム)で音が聞こえない?原因&対処法!

【PC・スマホ】Zoom(ズーム)で音が聞こえない?原因&対処法!

テレビ会議やリモート飲み会、オンラインセミナーなど、新型コロナウイルスの影響で利用される機会が多くなった「Zoom」。

Zoomを使っていて一番直面しやすい問題が音声トラブルです。

相手の声が聞こえない、または自分の声が相手に届いてくれないとコミュニケーションが上手くいかないので困ってしまいますよね。

そこで今回は、Zoomで音が聞こえない原因や対処法を詳しく解説していきます。

Zoomの記事をもっと見る

【PC・スマホ】Zoom(ズーム)はマイクを自動で設定してくれる

Zoomではテキストチャットでやり取りすることもできますが、音声通話やビデオ通話をする場合はマイクやスピーカー、カメラなどの機器が必要になります。

そして、これらの機器を使用するには、事前に設定を行わなければならない場合もあるのですが、Zoomでは基本的にこれらの設定は自動的にやってくれます!

マイクやスピーカーを自動で検知

Skypeなどの他社の通話アプリの中には、事前に使用するマイクやスピーカーの設定を行わなければならない場合もあります。

しかし、Zoomの場合は、使用可能なマイクやスピーカーを自動的に検知してくれるので、ユーザー側で特別な設定を行う必要はありません。

特にPCやスマホの操作が苦手な方からしてみれば、こういった設定のやり方はよく分からないですし面倒なので助かりますよね。

ヘッドセットなどは優先して接続してくれる

通話アプリで音声通話やビデオ通話をする時、ヘッドセットを端末に接続して通話される方も多いと思います。

他の通話アプリだとヘッドセットを端末に接続している状態でも、アプリ側では接続が認識されておらず、接続した機器から相手の聞こえないといった音声トラブルがよく起こります。

一方、Zoomでは基本的に内蔵マイクやスピーカーに自動接続されますが、ヘッドセットを接続している場合はそちらを優先して検知してくれるのです。

別の機器に切り替えても面倒な設定が必要ないのが地味に嬉しいポイントですね。

【PC】Zoom(ズーム)の音が聞こえない?マイク/スピーカーテストのやり方

ミーティングの最中に音が聞こえなかったら困りますよね。

もし、相手の声が聞こえるか、自分の声が相手に届くか不安な場合は、ミーティングの前にマイクとスピーカーテストを行われることをおすすめします。

ただし、マイクとスピーカーのテストはPCでしか行えないので注意してください。

マイクテストのやり方

PCでマイクテストをやる時の操作手順は下記の通りです。

<操作手順>
PCでZoomのアプリを起動したら、画面右上の歯車アイコンをクリックします。

画面右上の歯車アイコンをクリック

設定画面を開いたら、左横のメニューの中にある「オーディオ」をクリックしましょう。

「オーディオ」をクリック

「マイクのテスト」をクリックして、適当に何か話して下さい。

「マイクのテスト」をクリック

声を出した時に緑色のバーが右に動けば、マイクは正常に動作しています。

「レコーディング」をクリックすれば、録音した自分の声が再生されます。

「レコーディング」をクリック

マイクテストの方法

  1. 設定画面を開く
  2. 「オーディオ」をクリック
  3. 「マイクのテスト」をクリックして何か話す
  4. 声を出したときに緑色のバーが動くか確認する

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。