『かわいい』が生まれる場所。

キャリアメールの必要性は?フリーメールの違い・ないと不便な事例も

キャリアメールの必要性は?フリーメールの違い・ないと不便な事例も

ガラケーを使っていた時代は、docomo、au、SoftBankのキャリアメールを使って連絡を取るのが一般的でした。

ですが、近年はスマホが普及し、LINEなどのメール以外の連絡手段が主流になったため、キャリアメールの必要性はだんだんと薄れてきています。

そこで今回は、キャリアメールの必要性やフリーメールとの違い、ないと不便な事例を解説していきます。

【キャリアメールの必要性】メールアドレスの違い

スマホやガラケー、パソコンなどで使えるメールには、

  • キャリアメール
  • フリーメール
  • プロバイダメール

の3種類があります。

そもそも、キャリアメールと言われてもピンと来きてない方もいると思うので、まずはメールアドレスの違いについて詳しく解説していきます。

キャリアメール【スマホ】

「キャリアメール」とは、docomo、auなどの携帯キャリアが携帯端末向けに提供しているメールサービスのことを指します。

携帯キャリアとは、以下の3社のことを指します。

  • docomo
  • au
  • SoftBank

docomoは「@docomo.ne.jp」、auは「@ezweb.ne.jp」や「@au.com」、SoftBankは「@softbank.ne.jp」という独自ドメインを持っています。

これに加え、格安スマホの「ワイモバイル」と「UQ mobile」で提供されているメールサービスがキャリアメールに当てはまります。

このメールは、フリーメールと比べて信頼性が高く、メールをブロックされにくいのが最大のメリットです。

なぜなら、誰でも取得できるフリーメールとは違い、携帯キャリアと契約しているユーザーにしか提供されないメールアドレスだからです。

また、携帯キャリアと契約する時には当然本人確認が行われるため、別人になりすますのは不可能です。

そのため、仕事関係のメールを送信する時や、銀行のワンタイムパスワードや出金通知などの重要な情報を受け取りたい時は、このメールを使うのが一番おすすめです。

フリーメール【PC】

「フリーメール」とは、誰でも無料で取得できるメールサービスのことを指します。

  • Yahoo!メール
  • Gmail
  • Outlook.com

などがフリーメールにあたります。

フリーメールを使うには登録手続きが必要になりますが、誰でも無料でメールアドレスを取得できるのが最大の特徴です。

例えば、Yahoo!はプロバイダや格安スマホ(ワイモバイル)などのサービスを提供していますが、Yahoo!の有料サービスと契約していなくても、「Yahoo!JAPAN ID」を無料で取得すればYahoo!メールを利用することができます。

また、キャリアメールの場合、端末1台につきひとつのメールアドレスしか持てませんが、フリーメールの場合は一人でいくつものメールアドレスを取得することができます。

そのため、複数のメールアドレスを取得して、プライベート用や仕事用、SNS用というように用途別で使い分けられます。

ただ、誰でもいくつものメールアドレスを無料で取得できる分信頼性に欠けるため、迷惑メールフォルダに振り分けられやすい点がひとつのデメリットです。

プロバイダメール【PC】

「プロバイダメール」とは、「@nifty」や「BIGLOBE」、「OCN」、「So-net」などのプロバイダが提供しているメールサービスのことです。

プロバイダ:インターネットに接続するためのサービスを提供する会社のこと

これは、プロバイダと契約しているユーザーにしか提供されないサービスなので、フリーメールと違って誰でもメールアドレスを取得できるわけではありません。

そのため、キャリアメールと同じように信頼性が高く、迷惑メールフィルターに引っ掛かりにくい点がメリットです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。