『かわいい』が生まれる場所。

スマホアプリのChromeが重い・動作が遅い!原因と対処法を解説!

スマホアプリのChromeが重い・動作が遅い!原因と対処法を解説!

スマホでネットサーフィンをするとき、『Google Chrome』というアプリを使用している方も多いのではないのでしょうか。

しかし、Chromeでwebサイトにアクセスしたとき、サイトの読み込みが遅かったり、動作が遅いなどの不具合が生じることがあります。

動作が重くなるとストレスを感じて、快適にネットサーフィンできなくなってしまいますよね。

そこで今回は、アプリのChromeが重い・動作が遅いときの原因とその対処法を詳しく解説していくので、困っている方はぜひ参考にしてみて下さい。


Chromeが重い・動作が遅い原因と対処法

Chromeが重い・動作が遅いのは、以下の3つの原因が考えられます。

メモリ不足

メモリとは、スマホを作動させるための一時的な作業領域のことを指し、よく机の大きさに例えられます。

机が大きいほど、たくさんのノートや参考書を広げて一度に作業できるように、メモリが大きいほど一度に複数のアプリを起動してもサクサクと操作できるようになるのです。

もしかすると、Chromeの動作が遅いのは、使っているスマホのメモリが不足しているのが原因かもしれません。

そのため、Chrome以外の他のアプリを終了させるか、複数のタブを開いている場合は今見ているタブ以外を全て閉じて、メモリを解放させてあげましょう。

キャッシュが溜まっている

キャッシュとは、一度閲覧したサイトのデータを一時的に保管する仕組みのことを言います。

このキャッシュのおかげで、同じサイトにアクセスした時にサクサクと表示され、快適にネットサーフィンすることができるのです。

しかし、これは定期的に削除しないとスマホのストレージ容量をどんどん消費してしまうため、それが原因でChromeの動作が遅くなってしまうこともあります。

そのため、Chromeが重いと感じたときには、一度キャッシュを削除してみましょう。

Chromeが最新版になっていない

アプリは定期的にアップデートが行われますが、面倒でアップデートするのを後回しにしている方も多いでしょう。

ですが、Chromeが最新版にアップデートされていないと、サイトが表示されるまで時間がかかったり、動作が遅くなってしまうなどの不具合が起こりやすくなります。

そのため、最新版が配信されていないか確認して、されているようなら速やかにアップデートを行いましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。