『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneのIPアドレスとは?確認・変更・固定する方法を知る!

iPhoneのIPアドレスとは?確認・変更・固定する方法を知る!

普段ネットを利用している方なら、一度は「IPアドレス」という言葉を聞いたことがあると思います。

ですが、そもそもIPアドレスがどんなものなのか分からない、という方は少なくないでしょう。

また、iPhoneのIPアドレスをどうすれば確認できるのか、IPアドレスで個人を特定されないかも気になりますよね。

そこで今回は、IPアドレスの基本や確認方法、変更・固定する方法を詳しく解説していきます。


iPhoneのIPアドレスって何?

「IPアドレス」という言葉を聞いたことはあっても、これが一体どういったものなのか分からないという方は多いと思います。

まずは、IPアドレスの基本について詳しく解説していきます。

IPアドレスとは?

そもそも「IPアドレス」とは、スマホやPC、タブレットなど、インターネットに接続された通信機器を特定するための識別番号のことです。

「255.192.100.001」というように、0から255までの数字を4つ組み合わせて表現されます。

物を送ったり、受け取ったりするためにはお互いの住所が必要になりますが、それと同じように通信をやり取りする時にも送信側と受信側の住所が必要になります。

その住所にあたるのが「IPアドレス」なのです。

グローバルIPアドレス

実はIPアドレスには、「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の2種類あります。

「グローバルIPアドレス」とは、外部のネットワークに接続する時に使用するアドレスのことです。

これは住所や電話番号と同じように、全世界の他の通信機器と数値が被ってはいけないので、アメリカにある「IANA」という組織が管理しています。

「IANA」からユーザーにIPアドレスが割り当てられるまでの流れは以下の通りです。

「IANA」→「APNIC」→「JPNIC」→プロバイダ→個人や企業などのユーザー

このように、公的な機関が厳重に管理を行っているため、使用したいIPアドレスをユーザーが勝手に決めることはできません。

POINT

  • 外部のネットワークに接続する時に必要
  • 全世界で一意である必要がある

プライベートIPアドレス

一方「プライベートIPアドレス」とは、企業内や家庭内などの内部のネットワークに接続する時に必要となるアドレスのことです。

グローバルIPアドレスが「外線」だとすると、これは「内線」にあたります。

なぜプライベートIPアドレスが必要かというと、インターネットが爆発的に普及したことでグローバルIPアドレスが足りなくなってしまう恐れがあるからです。

内部と外部のネットワークの中継地点であるルーターにグローバルIPアドレスを割り当て、組織内の通信機器にこのアドレスを割り当てることで、枯渇してしまうのを防いでいるのです。

なお、プライベートIPアドレスの場合は組織内で重複しなければ良い反面、他の組織と重複して使われている可能性があります。

ただし、あくまでも内部のネットワークと接続する時のみ使用するものなので、他のネットワークとは数値が重複してしまっていても特に問題はないのです。

POINT

  • 内部のネットワークに接続する時に必要
  • 同じネットワーク内で重複していなければOK

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。