『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】充電されない!ケーブル・バッテリーに原因があるの?

【iPhone】充電されない!ケーブル・バッテリーに原因があるの?

iPhoneを充電しようとしてケーブルに差し込んだのに、何故か正常に充電されないことがあります。

iPhoneが充電できず、バッテリーが切れてしまうと使い物にならないので非常に困りますよね。

では、このようなトラブルが起こった場合、どのように対処していけば良いのでしょうか?

そこで今回は、iPhoneが充電されない原因対処法を詳しく解説していきます。

【iPhone】充電されないのはケーブルとの接続に原因があるかも!

きちんと充電されないのは、接続しているケーブルに何らかの原因があるのかもしれません。

まずは、ケーブルに問題がある時に考えられる主な原因とその対処法を詳しく解説していくので、その対処法を順番に試してみましょう。

iPhoneの充電ポートを掃除しよう

このようなトラブルが起こった場合、iPhoneの充電ポート(Lightningコネクタ)にホコリが溜まっている、ひどく汚れている可能性があります。

iPhoneの充電ポートにはぽっかりと穴が開いているので、意外とホコリやゴミが入り込みやすいものです。

ホコリが溜まっていたり、汚れていたりすると、ケーブルの接続部分が接触不良を起こしてしまうので、iPhoneを正常に認識してくれません。

そのため、iPhoneの電源を切り、眼鏡を拭く時に使うレンズクロスや綿棒などを使って、充電ポートに溜まったホコリや汚れを優しく拭き取ってあげましょう。

この時、金属製の細い棒やピンセットを使って掃除すると、充電ポートの内部を傷つけてしまう、ショートさせてしまう恐れがあるので使用は避けた方が無難です。

ケーブルの断線を確認

ケーブルとの接続部分を掃除してもダメな場合は、使用しているケーブルが断線している可能性があります。

ケーブルの断線は一目で分かるケースもあれば、外見上では変わりないものの、内部で断線してしまっているケースもあります。

断線しているか分からない場合は、家族や友人など他の人から借りたiPhoneを接続してみて、充電できるか確かめてみましょう。

正常に充電できた場合は、あなたのiPhoneに原因があると思われますが、逆にできなかった場合はケーブルが断線している可能性が高いと言えます。

別のコンセントプラグ・USBポートで試す

コンセントで充電しているならコンセントプラグ側、PCやモバイルバッテリーのUSBポートにケーブルを差して充電しているならUSBポート側に問題があるのかもしれません。

コンセントプラグもケーブルと同じように経年劣化するものなので、長年同じコンセントプラグを使用している場合は故障している可能性も考えられます。

また、USBポートもiPhoneのLightningコネクタと同じように、ホコリやゴミが入り込みやすく、それが原因で充電できなくなることもあります。

そのため、別のコンセントプラグに取り換える、別のUSBポートにケーブルを差し込んでみましょう。

ケーブルで接続した時に警告画面が表示される

iPhoneをケーブルで接続した時、

  • 「このアクセサリはこのデバイスでサポートされていません」
  • 「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、このiPhoneで正常に動作しない可能性があります」

という警告画面が表示されることがあります。

これは、「MFi認証」を受けていない他社製のケーブルを使用しているのが原因です。

MFi認証とは、Apple社によって互換性が補償されていることを示すもので、パッケージにMFi認証のロゴが記載されていれば、他社製のケーブルでも問題なく使用できます。

逆に認証を受けていないケーブルを使用すると、

  • 正常に充電できなくなる
  • iOSのアップデートで使用できなくなる
  • ケーブルが損傷しやすい
  • iOSデバイスが故障してしまう

など様々な不具合が起こりやすくなります。

そのため、このような警告画面が表示された場合は、Apple純正のケーブルか、MFi認証の他社製ケーブルに買い替えてみて下さい。

なお、Amazonなどの通販サイトに1,000円以下のケーブルが多数販売されていますが、そのほとんどは認証を受けていない製品です。

また、中にはMFi認証を受けていると謳いながら、実際には認証を受けていない製品も紛れ込んでいるので、購入する際は気を付けるようにしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。