『かわいい』が生まれる場所。

【iPad】「充電していません」と表示される原因と対処法を紹介!

【iPad】「充電していません」と表示される原因と対処法を紹介!

iPadを普段通りライトニングケーブルで充電をしていたのに、いざ使おうと思ったら充電されていなかった。なんて経験がある方が多いのではないでしょうか?

よく画面を見てみると、ケーブルを挿しているのに右上に「充電していません」と表示されることがあります。

iPadの場合、「充電していません」と表示されている間は本当に充電されていない状態になっています。

電源はちゃんと来ているのになんで充電されないのか不思議ですよね。

本記事ではこのiPadが充電されない原因や対処法についてご紹介していきます。

【iPad】「充電していません」と表示される原因

iPhoneでは「充電していません」と表示されることは滅多にありませんが、iPadではこれが原因で充電されていなかったという声が多数挙がっています。

まずは原因をしっかりと把握して、肝心な時にiPadが使えなくならないようにしていきましょう。

実際に充電されない主な原因は下記のようになります。

  1. Apple純正の充電器を使用していない
  2. 充電ケーブルやUSBアダプタの破損
  3. 電気の容量不足
  4. iPadの端子にゴミがたまっている

こちらが主な原因となっています。ではそれぞれの原因についてもう少し詳しく見ていきましょう。

Apple純正の充電器を使用していない

Apple製品は独自の開発基準で商品を売り出しているため、それにあった充電器でないと充電されないことがあります。

Androidと違い、専用の充電器を使用しないと「充電していません」と表示されてしまうのです。

また、純正品でもiPhoneとiPadで異なってきます。通常のiPhoneに必要な電力は5Wに対して、iPadは10Wと倍の電力が必要になります。

通常のスマホだと充電できてもiPadは充電されない場合は、この出力の差が関係しているかもしれません。

充電ケーブルやUSBアダプタの破損

充電ケーブルの中が断線していたりUSB端子部分が破損しているため、電力が充分に共有できず「充電していません」と表示がでてしまいます。

ケーブルを無理やり引っ張って抜いたりケーブル自体を踏んでしまったりすると、知らず知らずのうちに劣化が進み、内部破損してしまっている時もあります。

電気の容量不足

延長コードから充電すると、必要な電力が確保できず充電できないこともあります。

また、純正品の充電器でなくても出力数の高い充電器なら確かに充電ができます。

しかし、そういった商品は複数個所にUSB端子を挿しこめるものがあります。

例えば、2つ挿せる充電器でiPhoneとiPadを同時に充電すると、電力不足でiPhoneは充電されていてもiPadが充電できていないということが起こる場合があります。

iPadの端子にゴミがたまっている

iPad側の端子内にごみや異物が混入していると充電されないケースがあります。

端子内は非常に繊細な場所なので、埃や塵などが溜まってしまうと電気供給の妨げになってしまい充分な電力が行き届かず「充電していません」と表示が出てしまいます。

今までご紹介した原因を考慮しているにもかかわらず、「充電していません」の表示がでる場合は、一旦iPad側の端子内を見てみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。