『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】PDFを送る!保存・転送や送信できない対処法も網羅!

【LINE】PDFを送る!保存・転送や送信できない対処法も網羅!

LINEは気軽に友だちと連絡を取るのに、とても便利なアプリです。

主にトーク機能で、文章やスタンプのやり取りの他に写真を送ったりすることが多いかと思いますが、LINEでは画像以外のファイルもやり取りができるんですよ。

今回は、その中でLINEでPDF形式のファイルを送る方法をはじめ、ファイルの保存・転送方法や上手くいかないときの対処方法をご紹介します。

【LINE】PDFファイルを送るときのポイント

まずは、LINE上でPDFファイルを送る方法をご紹介します。

LINEでトークをするのと同様に、ファイルを送る為にはあらかじめLINEの友だちになっておく必要がありますよ。

送りたい相手とまだ友だちになっていない場合は、先に追加を済ませておきましょう。

送るPDFファイルのサイズ制限はなし

メールでファイル送信する場合は、添付データの容量制限が課されており、容量サイズを超えた場合は送れないことがあります。

しかし、LINEの場合はファイルサイズの制限はありません。

また、PDFファイル以外にもエクセルやパワーポイントといった、仕事でもよく使うオフィスソフトで作成したファイル等も、サイズ制限無く送ることが可能です。

ただし、サイズ制限が無いからといって、大容量のファイルを送ると問題が生じる場合があるので注意しましょう。

ファイルのサイズが大きいと圧縮される場合あり

あまりにもファイルが大きすぎると自動的に圧縮され、画像が劣化された状態になります。

高画質のまま送りたい場合は、LINEクラウドサービスを利用するといった方法をおすすめします。

LINEで送信する前にファイルサイズを確認し、適切な方法をお選びください。

ファイルのサイズが大きいと時間と通信料がかかる

サイズが大きいと圧縮されるため、送信に要する時間も長くなります。

また、大容量のPDFを送ってしまったがために、契約しているデータ通信の上限を超えてしまうケースもあります。

上限を超えると速度制限がかかり、追加で料金を払わないと解除できないことも考えられるので注意しましょう。

ファイルのサイズが大きいと受け取る側の負担もかかる

時間や通信料が増えるのは、送った側だけでなく受け取り側も同様です。

受信時も通信が発生する為、相手先にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

サイズの大きいファイルを送る際は、送付する相手先にも考慮してWi-fi環境で行うこと。

そして、都合のよいタイミングで受取りができるクラウドサービスの活用をご検討ください。

クラウドってなに?使い方&おすすめサービスまでわかりやすく解説!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。