『かわいい』が生まれる場所。

【Android】SDカードを交換する方法!データ移行の注意点も

【Android】SDカードを交換する方法!データ移行の注意点も

Androidスマホで使うSDカードはものすごく便利ですが、何年も使うとなるとどうしても容量が物足りなくなってきます。

SDカードはさらに大きな容量をもつものが次々に発売されるので、新しくSDカードを買って交換する機会も多いですよね。

でも、そんな時に思い浮かぶ疑問がいくつかあります。

「どんなSDカードがおすすめ?」「今のデータはどうする?」「どうやって引っ越しすればいい?」

このような、新しいSDカードへの交換に関するギモンをすべてお答えします!

【Android】SDカードを交換する前に!SDカードの選び方

新しいSDカードには、どんなSDカードがおすすめなのでしょうか?

まずはSDカードの選び方から知っておくと分かりやすいので、勉強しておきましょう。

そんなに難しくはないので、構えなくても大丈夫です。SDカードを上部に選ぶポイントになっているのはこの二つ。

POINT

  1. 容量
  2. 転送速度

押さえておきたいのは「容量」と「転送速度」なのですが、それぞれどんなところに気を付けて選べば良いのでしょうか?詳しく解説します。

容量の大きさ

大きければ大きいほどたくさんのデータが収納できるのは間違いないのですが、ちょっと知っておきたいことがあります。

それは、「データ容量の単位」です。

データ容量も「長さ」や「重さ」と同じように単位が決まっています。

ザックリと1000ごとの単位(本当は1024)で切り上げて計算してみるとこのようになります。

POINTバイト < キロバイト < メガバイト < ギガバイト < テラバイト

つまり、1000バイト=1キロバイト、1000キロバイト=1メガバイト、1000メガバイト=1ギガバイト、1000ギガバイト=1テラバイトということです。

これを踏まえると、たとえば512GB(ギガバイト)と1TB(テラバイト)では、「1TBの方が大きい」ってことになりますね。

これを基本として、まずは「スマホに使えるSDカード」と「使えないSDカード」について説明します。

スマホに使える容量

大きければ大きいほど保存できるデータの収納量は増えますが、使っているスマホに対応しているか?というとちょっと事情が変わってきます。

このあたりはあなたのスマホの情報を調べないと分かりません。

検索

調べる方法は、「あなたのスマホの型番(もしくは名前)」と「外部メモリ」で検索すればOKです。

ただ、HUAWEIのスマホはSDではなく「NMカード」という独自規格のメモリーカードを採用している機種もあるので、SDカードが使えるタイプなのかNMカードしか使えないタイプなのかも調べておきましょう。

スマホに使える種類

SDカードにはいくつかの種類があります。

容量の項で少し触れましたが、メーカー独自規格というものもあるので、あなたのスマホに使われているメモリーカードがどのタイプなのかを実際に取り出して見てみましょう。

ほとんどmicroSDカードが取り扱われていますが、本当に合っているかどうかを確認しておきましょう。

データ転送の速さ

HUAWEI独自規格のNMカードは別として、microSDカードには「転送速度」というものがあります。

それはカードの表面に印字されているんですが、メーカーによって表記が異なるので注意が必要です。

転送速度 スピードクラス UHS VIDEO
30MB/S U3 V30
10MB/S class10 U1 V10
6MB/S class6 V6

「スピードクラス」も「UHS」も「VIDEO」も転送速度の表し方が違うだけなので、「転送速度」と照らし合わせてチェックしてみてくださいね!

ここに書いてあるスピードで保存できるSDカードなら、4Kの動画でもちゃんと撮影してくれます。

【Android】SDカードを交換する方法《準備編》

SDカードが用意できたら、いよいよ交換するために準備をすすめていきましょう!

いきなりカードを抜いてしまうのはNG!ちゃんと段階を踏んでカードの交換を進めないと、SDカードのデータや本体の調子が悪くなってしまうので気を付けましょう。

最初にすべきことは、今SDカードに入っているデータを他の記憶媒体に移動してしまうことです。

方法はいくつか挙げられますが、代表的なものを解説します。

  • スマホ本体に移す
  • 外部メモリへ移す
  • クラウドに移す
  • PCにバックアップ

SDカード内のデータを本体へ移す

スマホの本体に十分な空き容量があって、SDカードに保存されているデータが全て本体に移動できるなら、一旦データを本体に移動させてしまいましょう。

Androidスマホのユーティリティアプリ「ファイラー(ファイルマネージャー)」があればそちらを使って、もしも無ければGoogle Play ストアから使いやすそうなファイラーをインストールして本体にデータを移動させましょう。

SDから本体

ファイラーを使ってSDカードのデータを本体に移動させるなら、いったん本体にSDカードのデータを移動させるフォルダを作っておくと分かりやすくなります。

「内部ストレージ」を開いてメニュー(︙)から「新規フォルダ」を作成しましょう。

SDから本体1

「SDカード」などのわかりやすい名称にしておくと、間違えることがないのでおすすめです。

SDから本体2

続いて「メモリカード」の中にあるすべてのファイルを内部ストレージに移動させます。

ファイルの名称を長押しタップすると全選択を選べるようになります。

チェックをすべてのファイルにいれたら「移動」を選びましょう。

SDから本体3

最初に作った「内部ストレージ」の中のフォルダに移動します。

SDから本体4

あとは「移動」をタップすれば、すべてのSDカードのデータが本体に移ります。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。