『かわいい』が生まれる場所。

iTunesがiPhoneを認識しない!PC・スマホ別に原因を解説!

iTunesがiPhoneを認識しない!PC・スマホ別に原因を解説!

iPhoneのバックアップを取ったり、調子が悪くて復元したい時、写真や音楽などのデータを同期させたい時、iPhoneとパソコンを接続してiTunesで操作を行いますよね。

ところが、ケーブルでしっかりと接続しているのに、なぜかiTunesがiPhoneを認識してくれない場合があります。

きちんと認識してくれないと、バックアップも取れないですし、同期も復元も行えないので非常に困りますよね。

そこで今回は、正常に認識してくれない原因やその対処法を詳しく解説していくので、お困りの方はぜひ参考にしてみて下さい。

【iTunes】iPhoneを認識しないのはなぜ?

iPhoneとパソコンをケーブルで接続した時、iTunesがiPhoneを認識してくれない不具合が起きることがあります。

では、しっかりと接続されているのになぜiPhoneを認識してくれないのでしょうか?

iPhoneを認識しないとどうなる?

iPhoneとパソコンを接続しても、iTunesが認識してくれない場合があります。

iTunesが認識してくれると画面上にiPhoneのマークが表示されますが、認識してくれないとそのマークが表示されません。

つまり、iTunes上でバックアップを取ったり、端末の調子が悪い時に復元したり、音楽や写真などのデータを同期できなくなるというわけです。

そうなると非常に困りますから、早めにどこに原因があるか把握して、適切な対処をとることが大切です。

iPhoneを認識しないのはどこに原因がある?

iTunesがiPhoneを認識してくれないのは、

  • iPhone
  • パソコンやiTunes
  • ケーブル

のいずれかに原因が隠されていると考えられます。

どこに原因があるかによって、それぞれ対処法も異なるので、後ほど詳しくご紹介していきます。

【iTunes】iPhoneを認識しない|端末に原因があるケース

iPhoneを認識してくれないのは、端末側に原因がある可能性があります。

iPhoneをロック解除してない

iPhoneを第三者に勝手に操作されないよう、パスコードロックをかけている方がほとんどだと思います。

実は、iPhoneとパソコンを接続した時、iPhoneのロックが解除されていないと正常に認識してくれません。

iPhoneのロックが解除されていないと正常に認識しない

そのため、iPhoneのロックを解除してから接続してみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。