『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】動きが遅いし重い!そんなときの解決方法はこれだ!

【iPhone】動きが遅いし重い!そんなときの解決方法はこれだ!

iPhoneを使っていてタップしたのに反応が遅かったり、カクカクしたり、なんだか動作が重たいと感じることはありませんか?

iPhoneの調子が悪いと、修理を依頼したり、買い替え時期かなと思ってしまいますよね。

でも、まだ諦めるには早いかもしれません!

今回は、不調なiPhoneの動きを快適にする方法を紹介していきます。

iPhoneの動きが遅くて、ストレスを感じている方はぜひ試してみてください!

【iPhone】動きが遅い!重い!原因って?

そもそもiPhoneの動きが重くなる原因とはなんでしょうか?

動きが遅い!という時に考えられる原因をまとめてみました。

本体に問題がある

iPhoneが重い理由として、使用している環境やなんらかの不具合など、iPhone本体に原因がある場合があります。

iPhoneを落としてしまったり、水没させてしまったなんて具体的に思い当たることがあれば、端末自体が壊れて動作不良を起こしている可能性もあります。

しかし、特にそういった状況でない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • 写真や動画でiPhoneストレージの容量が少なくなっている
  • バッテリー残量が少ない
  • たくさんアプリが入っている(起動している)

普通に使用していてよく起りそうなことが原因で、iPhoneの動きが鈍くなってしまう場合があります。

通信関係に問題がある

通信に関しては、使っている回線によって問題点が異なります。

使用している通信環境ごとにiPhoneが遅くなる理由を解説していきます。

通信制限がかかっている

自分のiPhoneで契約しているデータ量をオーバーしてしまった場合、通信制限がかかってしまいます。

その状態でwebページなどを見ると、表示されるまでに時間がかかり、動きが遅いように感じることがあります。

Wi-Fiの速度が遅い

街中やカフェなどにあるWi-Fiは同時に多くの人が利用しています。

たくさんの人が同時に同じWi-Fiを使うとその分、速度は落ちてしまいます。

その結果、webページの表示が遅くなってしまい、iPhone自体の動きが遅いように感じる場合があります。

電波状況が悪い

携帯の通信でもWi-Fiでも、アンテナマークが少ないと電波状況が悪くなります。

不安定な電波の中でwebページを見たり、インターネットを使うアプリを起動すると、表示に時間がかかってしまう場合があります。

ウイルスに感染した

App Storeからアプリをインストールしていれば、App Storeが危険なアプリをチェックしているのでウイルス感染のリスクは少ないと思います。

しかしなんらかのウイルスに感染してしまうと、iPhoneが重たくなることがあります。

これは裏で危険なアプリがインストールされていたり、端末情報をぬき取られたり、ウイルスのせいで気付かないうちにデータ通信が起こることが原因です。

もちろん端末の動きだけでなく、個人情報なども危険にさらされてしまうので、十分注意する必要があります。

ウイルスにかかってからでは遅いので、日ごろから安全に使用することを心がけましょう。

安全に使うPOINT

  • App Store以外からアプリをインストールしない
  • 怪しいWi-Fiには接続しない

アプリに問題がある

ある特定のアプリを使った時だけ動作が重たい時は、使用しているアプリに原因があるかもしれません。

アプリ側で一時的に不具合が発生していて、通信が遅くなっているということもあります。

また、自分の使っているiPhoneがアプリの推奨環境でないことも原因として考えられます。

アプリ専用のサポートページやFAQがあるようなら、iOSのバージョンなどアプリの推奨環境を確認してみるのもよいでしょう!

POINT

  • 推奨環境とは、アプリが正しく動くか確認済みのiOSのバージョンや機種などを示しているものになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。