『かわいい』が生まれる場所。

Facebookユーザー必見!ハッシュタグの使い方や付け方のコツ

Facebookユーザー必見!ハッシュタグの使い方や付け方のコツ

世界中に27億人のアクティブユーザーがいると言われている、SNSの「王様」Facebook。

連絡が取れない友達を検索したり、さらに新しい友達を見つけるために、多くの人がFacebookを利用しています。

Facebookの知名度と宣伝効果を利用するため、多くの企業や個人経営者たちも、Facebookを積極的に活用しています。

自分の投稿をより多くの人に見てもらったり、マーケティングの目的のために、多くのユーザーが活用しているのがハッシュタグです。

ハッシュタグとは何でしょうか。

また、ハッシュタグはどのように使用するのでしょうか。

この記事で詳しく紹介します。

Facebookのハッシュタグとは?

時価総額63兆円の巨大企業に成長したFacebookは、現在アメリカで最も影響力と財力を持つ企業群「GAFA」の一角を担っています。

創業者のマーク・ザッカーバーグは、ハーバード大学時代に学校内の女性格付けサイト「Course match」を立ち上げ、これがFacebookの前進となりました。

それ以降、友人、家族、場所という3つの点を人という別の点で繋いで線にすることを目的に、Facebookは世界中にシェアを広げていきました。

点と点をつなぎ合わせて複数の線にするためにFacebookが提供しているサービスが、ハッシュタグです。

それでは、ハッシュタグとはどんな機能でしょうか。

検索が簡単になるキーワードリンク

Facebookのハッシュタグとは、「#」の記号を入れてキーワードを入力し、投稿をタグ化する機能のことです。

ハッシュタグは、もともとTwitterが初めて採用した機能で、今ではFacebookも採用しています。

ハッシュタグで検索をかけることにより、タグ付けされたハッシュタグに関連のある投稿をすべて拾い上げ、一覧にして示してくれることが最大のメリットです。

通常の検索方法が、魚の一本釣りなら、ハッシュタグ検索は、魚の投網漁のようなものです。

一度に多くの検索結果が得られるため、検索作業が簡単になります。

ハッシュタグが使われているSNS

すでに紹介したことですが、ハッシュタグ機能の大元はTwitterです。

Twitterがハッシュタグ機能を導入した理由は、投稿をタグ化することで関連するすべての投稿がヒットし、情報が拡散しやすく、Twitterの目的に貢献するからです。

その後、InstagramやFacebookでもハッシュタグ機能が導入され、今ではSNS利用者の中ではメジャーな機能になっています。

Facebookのハッシュタッグの使い方

Facebookのハッシュタグ機能は、誰でも簡単に利用できます。

ハッシュタグ機能を効果的に活用すれば、検索がさらに早く簡単になります。

また多くの人との繋がりを容易に行えるようになります。

これからFacebookのハッシュタグ機能の使い方を詳しく説明します。

ハッシュタグを付けて投稿する方法

iPhoneのFacebookアプリを開きましょう。

まず、自分のアカウント画面にアクセスします。画面を指で下に向かってスクロールすると「投稿」があります。「投稿」欄にある「近況」をクリックしましょう。

近況

投稿入力欄に、コメントを入力します。その下に「#」を頭に付けてその後ろに関連ワードを入力しハッシュタグを作成します。終了したら、画面右上にある「投稿」を選択しましょう。

ハッシュタグ作成

投稿した内容が確認できます。「#」で入力した関連ワードがタグ付けされ、リンク付けされました。

リンク付け

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。