『かわいい』が生まれる場所。

【Windows・Mac】iTunesが起動しない・開かない!原因と対処法7選!

【Windows・Mac】iTunesが起動しない・開かない!原因と対処法7選!

音楽や写真を同期できたり、iPhoneやiPadをバックアップできたりと、Appleユーザーにとって必要不可欠な「iTunes」。

ただ、稀に突然iTunesが起動しなくなるトラブルが発生することもあります。iTunesが起動できないと非常に困りますよね。

そこで今回は、PCでiTunesが起動しない/開かない原因と対処法を解説していくので、お困りの方はぜひ参考にしてみて下さい。

【Windows・Mac】iTunesが起動しない原因

WindowsやMacのパソコンでiTunesが起動しないのは、以下の4つの原因が考えられます。

  • iTunesが正しくインストールされていない
  • ウイルス対策ソフトの影響
  • インターネットの接続が不安定
  • BluetoothやUSBデバイスがiTunesの起動を邪魔している

では、iTunesが起動しないときの原因を、それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

iTunesが正しくインストールされていない

WindowsやMacのパソコンでiTunesが起動しないのは、そもそもiTunesが正しくインストールされていないのが原因かもしれません。

iTunesをインストールする時に、画面に従って正しく操作しましたか?

また、古いバージョンのiTunesがインストールされた状態で、新しいiTunesをインストールしませんでしたか?

いずれにしても、この場合はiTunesを再インストールする必要があるでしょう。

ウイルス対策ソフトの影響

大切なパソコンがウイルスに感染してしまうのを防ぐために、「ウイルスバスター」や「ノートン」などのウイルス対策ソフトをパソコンの中にインストールされている方がほとんどだと思います。

実は、このウイルス対策ソフトが原因で、iTunesが正常に起動しないこともあるのです。

そのため、ウイルス対策ソフト側で、iTunesの動作を許可する設定に変更してみましょう。

インターネットの接続が不安定

基本的にiTunesは、インターネットに接続されていなくても起動できます。

ですが、音楽などのコンテンツが購入できる「iTunes Store」にアクセスする時など、インターネット環境が必要になる場合もあります。

不安定なインターネット環境下でiTunesを起動すると、「iTunes Store」との通信エラーが起こってしまい、iTunesが正常できないことも少なくありません。

BluetoothやUSBデバイスがiTunesの起動を邪魔している

iTunesが正常に起動しないのは、BluetoothやUSBデバイスが起動を邪魔しているのも原因として考えられます。

そのため、iPhoneのBluetoothをオフにしてみたり、USBケーブルで接続しているデバイスを抜いてから、もう一度iTunesを起動してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。