『かわいい』が生まれる場所。

【Letter Sealing】表示されないときの解決方法は?

【Letter Sealing】表示されないときの解決方法は?

LINEでは、「Letter Sealing」というセキュリティが強力な通信方式が導入されています。

これが導入されているおかげで利用者は安全にメッセージをやり取りできるのですが、これが原因でメッセージが表示されない場合もあります。

では、このような問題が起きた時、どのように対処していけば良いのでしょうか?

今回は、「Letter Sealing」が原因でメッセージが表示されない時の対処法を詳しく解説していきます!

Letter Sealingとは?

この記事を読んでいる人の中には、そもそも「Letter Sealing」がどういった機能なのか分からないという人もいると思います。

そんな人たちに向けて、まずはこの機能について詳しく解説していきます!

「LINE独自」のやり取りを暗号化してくれる

「Letter Sealing」とは、トークルーム内でやり取りしたメッセージの内容を暗号化してくれる、LINE独自の通信方式のことです。

暗号化せずにメッセージをやり取りした場合、LINEのサーバーに不正アクセスした第三者に内容を盗み見られてしまう恐れがあります。

そうなると、プライベートや仕事に関する大切な情報が外部に漏れてしまう可能性も十分にあるでしょう。

しかし、「Letter Sealing」を搭載しているLINEでは送信されたメッセージの内容は暗号化され、そのメッセージを解読するにはカギが必要になります。

そのカギは受信者の端末でしか使えないので、サーバー上で第三者がメッセージを解読しようと思ってもできない仕組みになっているのです。

これにより、LINEユーザーは安心してメッセージをやり取りできるようになりました。

なお、この通信方式が導入された当初は1対1のトークでしか適用されていませんでしたが、現在ではグループトーク、複数人トーク、音声通話、ビデオ通話にも適用されています。

初期設定で有効になっている

初期設定で有効になっている

「Letter Sealing」は初期設定で有効になっているので、LINEアプリをインストールした後に手動で有効にする必要はありません。

この設定を有効にしておかないとメッセージの内容を第三者に解読されてしまう恐れがあるため、何か理由でもない限りは設定を変更しない方が良いでしょう。

相手も有効にしていないと適用されない

「Letter Sealing」は、自分が有効にしていてもトーク相手が有効にしていなければ設定は適用されません。

メッセージを暗号化して安全にやり取りするには、お互いに「Letter Sealing」を有効にしておく必要があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。