『かわいい』が生まれる場所。

【アイコンが消えた!】iPhoneのSafariを見つける方法

【アイコンが消えた!】iPhoneのSafariを見つける方法

Appleデバイスに最初からインストールされているブラウザアプリの「Safari」。

Safariは基本的にホーム画面から削除することはできませんが、何らかの原因があって突然アイコンが消えてしまうことがあります。

アイコンが消えてしまうとSafariが起動できないため、SafariでWebサイトを閲覧している人からしてみれば非常に困りますよね。

今回は、Safariのアイコンが消えた原因や対処法について詳しく解説していきます!

【iPhone】Safariのアイコンが消えた!

Safariのアイコンが消えた原因や対処法を説明する前に、まずはSafariや標準アプリとは何なのか詳しく解説していきます。

Safariって何?

「Safari」とは、iPhoneやiPad、Macに標準搭載されているwebブラウザアプリのことで、webサイトを閲覧する時に使います。

Google ChromeやFirefoxなど無料で使えるブラウザアプリは他にもありますが、Safariを使ってwebサイトを閲覧しているAppleユーザーがほとんどではないでしょうか?

標準アプリとは?

「標準アプリ」とは、端末に最初からインストールされているアプリのことを指します。

iPhoneの主な標準アプリは以下の通りです。

  • 電話
  • Safari
  • メール
  • メッセージ
  • 写真
  • カメラ
  • 時計
  • カレンダー
  • FaceTime
  • 連絡先
  • メモ
  • リマインダー

なお、一部の標準アプリは削除することができません。

一部の標準アプリは削除できない

通常、アプリのアイコンを長押しすると「×」ボタンが表示され、それをタップするとアプリを削除できますが、Safariやメッセージなどは長押ししても「×」ボタンが表示されません。

【iPhone】Safariのアイコンが消えた原因

iPhoneの標準ブラウザであるSafariはアイコンを長押ししても「×」ボタンが表示されないため、その方法でアイコンを消すことはできません。

ですが、何らかの原因があってSafariのアイコンが急に消えてしまうケースもあります。

アイコンが消える原因としては、以下の3つが挙げられます。

  • 機能制限がオンになっている
  • キャリアのフィルタリング機能の影響
  • iPhoneの不具合

では、以上の3つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

機能制限がオンになっている

Safariのアイコンが消えたのは、アプリの機能制限がオンになっている可能性が高いです。

Safariの場合、アイコンを長押し→「×」ボタンをタップする方法でアプリを削除することはできません。

しかし、Safariの機能制限がオンになっているとアプリそのものは削除されませんが、ホーム画面のアイコンは表示されなくなります。

そのため、Safariのアイコンが消えた時はiPhoneの設定を開き、機能制限がオンになっていないか確認してみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。