『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】電源入らない!バックアップでデータを復元する方法

【iPhone】電源入らない!バックアップでデータを復元する方法

連絡先や写真、動画、音楽、アプリなど、iPhoneには大切なデータが多数保存されています。

そのため、不慮の事態に備えてバックアップを取ることが推奨されています。

ですが、バックアップが面倒でやっていないという人も多いでしょう。

では、バックアップを取っていない状態で電源が入らなくなってしまった場合、データを復元することはできるのでしょうか?

そこで今回は、電源が入らなくなったiPhoneのバックアップ・復元方法を紹介します!

【iPhone】電源が入らない!まず確認すべきこと

iPhoneは精密機械なので、落下や水没で部品が故障したりシステムに不具合が起きたりすると、突然電源が入らなくなることがあります。

まずは、なぜ電源が入らないのか原因を突き止めるために、以下の項目をチェックしてみましょう。

充電切れかどうか

iPhoneの電源が入らないのは、単純に充電が切れているからかもしれません。

まずは、コンセントに接続してしばらく充電してから電源が入るか試してみて下さい。

しばらく充電しても電源が入らない場合は、充電コードなどに問題があって充電できていない可能性があります。

充電コードが断線していないか、端子に汚れが溜まっていないか確認してみて下さい。

また、Appleの純正品ではないケーブルを使用していると、iOSのアップデートなどによって充電できなくなる場合があります。

Apple純正品のパッケージには「MFi認証」のロゴがあるので、現在使用中のケーブルのパッケージにこのロゴがあるか確かめてみましょう。

バッテリーが劣化していないか

iPhoneに内蔵されているバッテリーは消耗品なので、同じ機種を長年使っていると突然バッテリーが故障してしまうこともあります。

バッテリーが故障すると、iPhoneの内部で電力が供給されなくなるので電源が入らなくなります。

それが原因で電源が入らない場合は、バッテリーの交換が必要です。

Apple Storeなどの修理店にバッテリーを交換してもらいましょう。

液晶画面や電源ボタンが故障していないか

充電に問題がないのにiPhoneの電源が入らない場合は、液晶画面や電源ボタンが故障している可能性があります。

この場合は、故障した部品を交換することで対処できますが、専門的な知識や技術がない素人が作業するのは危険なので、お店に修理を依頼することをおすすめします。

強制再起動も試してみよう

電源は入らないのは、iOSのアップデートの失敗などが原因でiPhoneのシステムが不具合を起こしている可能性があります。

その場合は、iPhoneを強制再起動することで、不具合が解消されるかもしれません。

強制再起動する時の操作手順は以下の通りです。

iPhone 11、X、8、SE(第2世代)の場合

  1. 音量調節ボタン(+)を押したらすぐに指を離す。
  2. 音量調節ボタン(-)を押したらすぐに指を離す。
  3. サイドボタンを長押しする。
  4. 画面が真っ暗になった後、Appleのロゴが表示されたらボタンから指を離す。
iPhone 7、7 Plusの場合

  1. 端末の側面にあるサイドボタンと音量調節ボタン(-)を同時に長押しする。
  2. 画面が真っ暗になった後、Appleのロゴが表示されたらボタンから指を離す。
iPhone 6s、6s Plus、Plus SE(第1世代)以前の場合

  1. ホームボタンと端末の側面にあるサイドボタンを同時に長押しする。
  2. 画面が真っ暗になった後、Appleのロゴが表示されたらボタンから指を離す。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。