『かわいい』が生まれる場所。

【解決!】Googleカレンダーに祝日が表示されないときの対処法

【解決!】Googleカレンダーに祝日が表示されないときの対処法

みなさんはどんなカレンダーを使っていますか?例えば、手帳を持ち歩く派とスマホでスケジュール管理する派では、利用するツールも変わってくると思います。

スマホには様々なカレンダーアプリがあり、毎日の予定を端末と一緒に持ち歩けるのが便利な点。なかでも特に人気なのが、Gmailとも連動できるGoogleカレンダーです。

そのGoogleカレンダー、ダウンロード時は祝日の表示がないようです。祝日が表示されないと、お休みの予定を組む時に困ってしまいますよね。

そこで今回は、どのように祝日をカレンダーに表示させるのか?設定しても表示できない場合は?など、祝日表示に関する疑問のあれこれを解決していきたいと思います!

【Googleカレンダー】祝日が表示されないときの対処法≪祝日の設定≫

祝日を表示させるには、自分でカスタマイズする必要があります。アプリをインストールしてから「あれ?なんで祝日が入っていないんだろう・・・?」と思った方もいるのではないでしょうか。

Googleのサービスは世界を相手にしているので、日本で開発されたカレンダーアプリと違い、初めから日本の祝日を優先的に表示してくれるわけではないのです。

まずはアプリやPCから祝日を設定して、自分好みのカレンダーにしていきましょう。

アプリの場合

アプリからの設定はiPhoneもAndroidも同じ手順で祝日を表示させることができますよ。

アプリから祝日設定

ホーム画面からGoogleカレンダーアプリを開きます。

アプリから祝日設定

左上のメニューボタンをタップしましょう。

アプリから祝日設定

設定を押します。

アプリから祝日設定

祝日を選択します。

アプリから祝日設定

お好みの祝日を選択しチェックを入れれば、設定完了です。

PCの場合

PCの祝日設定

WEB版のGoogleカレンダーを開きます。

PCの祝日設定

左側にある項目の中から【他のカレンダー】をクリックします。

PCの祝日設定

【関心のあるカレンダーを探す】を選択しましょう。

PCの祝日設定

【地域限定の祝日】を選びます。

PCの祝日設定

下の方までスクロールして【日本の祝日】にチェックを入れてください。

海外や宗教上の休日を設定する場合

海外に友達や家族がいたり、仕事上で海外の方と付き合いがある場合は、諸外国や宗教上の休日表示があると便利ですね。

Googleカレンダーでは様々な国や宗教の休日を設定することができます。設定の仕方は日本の祝日の設定方法と同様に、設定→祝日に進みます。

「日本」をタップして他国を追加します。

海外祝日設定

宗教関係の祝祭日も、この画面で設定可能です。その他の場合は【宗教上の休日を追加】をクリックしましょう。

海外祝日設定

世界各国の休日が表示されますので、スクロールしながらご希望の祝日を探してチェックをしてください。

スポーツの試合の日程も設定可能(PC)

スポーツ好きにはたまらない、お好きなスポーツの試合の日までカレンダーに表示させることができます。

スポーツ設定

祝日設定と同様に【関心のあるカレンダーを探す】の画面にします。

スポーツ設定

祝日の項目の下にスポーツという項目があります。

スポーツ設定

お好みのスポーツをクリックしましょう。試しに【野球】をクリックしました。

スポーツ設定

日本の野球を選択してみます。【Nippon Professional Baseball – NPB】をクリックすると、野球チームを選ぶことが出来ます。応援しているチームにチェックを入れましょう。

これでカレンダーに試合の日が表示されるので、見逃し防止になりそうですね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。