『かわいい』が生まれる場所。

LINEスタンプを作ろう!審査にかかる時間やコツを教えちゃいます

LINEスタンプを作ろう!審査にかかる時間やコツを教えちゃいます

LINEスタンプは、自分でオリジナル作品を作成できることを知っていますか?

LINEスタンプには素敵なデザインのものがたくさんあり、見ていると、つい欲しくなっちゃいますよね。

ト

このカテゴリの中に「クリエイターズスタンプ」があり、一般の人でもLINEスタンプを作成して販売することができるんです!

ト

しかし、LINEスタンプ審査には時間がかかると聞いたことはありませんか?

せっかくLINEスタンプを作ったのに、なかなか審査に通らないともやもやしますよね。

そこで、今回はLINEスタンプの審査について詳しく紹介していきます!

LINEスタンプをこれから作ろうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

LINEスタンプは、スマホでも簡単に作れます。

コツを掴めば、すぐに審査をパスして一躍LINEスタンプのクリエーターとして有名人になれるかもしれませんよ!

【LINEスタンプ】審査にかかる日数は?

まずは、審査にかかる日数をチェックしていきましょう。

なお審査日数は、LINE側の審査基準の変更によって変わる可能性もあります。

そのため、実際にスタンプを作成する場合は、審査基準に変更がないかチェックしておいた方がいいでしょう。

平均1日~10日ほど

審査にかかる日数は、平均で1日から10日ほどです。

2019年から審査基準が緩和され、24時間以内に回答が来ることも少なくありません。

なお審査日数が1日程度で済む場合は、日本国内のみでの販売の時です。

海外を販売エリアに選択すれば、日本のみで販売する場合よりも審査に時間がかかることもあります。

念のため余裕を持って審査を依頼するといいでしょう。

土日の審査は状況次第

土日に審査をお願いした場合、混雑していれば時間がかかることがあります。

ただし土日の夜にも承認された人もいるため、土日も審査していると考えられます。慌てずじっくりと審査結果を待ちましょう。

【LINEスタンプ】審査の期間を短くする5つのコツ!

ここからは、審査の期間を短くするコツを紹介していきます。

審査の時間を短くできれば、早く収益を得られるでしょう。

審査に時間がかかっていると感じている人も、ぜひ参考にしてみてください。

文字間違いを何度もする!

まずは、タイトルと説明文の文章に間違いがないか今一度確認してみましょう!

文字間違いが多い場合は、審査が通りにくい可能性があります。

最近、以前よりも、スペルミスや誤字に対して審査基準が緩和されました。

ただし、審査基準に関わる間違いは、リジェクト対象となってしまいます。

LINEスタンプに関わる文章にも気を配るといいでしょう。

何度も繰り返し読んで、審査委員が理解できるかよく考えて提出することが理想的です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。