『かわいい』が生まれる場所。

【徹底比較!】iPadとAndroidタブレットの違い≪まとめ≫

【徹底比較!】iPadとAndroidタブレットの違い≪まとめ≫

タブレットはスマホと比べてディスプレイが大きいため、映画を観たり、電子書籍を読んだり、何かをデザインしたりする時にとても役に立ちます。

画面が見やすく文字も読みやすいため、最近はタブレットで勉強したり仕事する人もかなり増えてきました。

ですが、初めて買う方の中には、「iPadが良いのか、Androidタブレットが良いのか分からない…」と悩んだりする方もいるのではないでしょうか?

この記事では、iPadとAndroidタブレットを比較して、それぞれのメリット、デメリットを詳しく解説していきます!

Contents[OPEN]

【iPadとAndroidタブレット】2つの違いとは

iPadとAndroidタブレットには、大きく分けて4つの違いがあります。

違いはそれぞれ、値段や操作方法、対応アプリなどです。

購入する前に必ずチェックしておきましょう。

値段

iPadとAndroidタブレットでは、値段にかなりの差があります。

例えば、Androidタブレットは1万円~2万円辺りの低価格のものが多くラインナップされていますが、iPadは5万円辺りから買えるシリーズが多い印象です。

なので、値段を抑えたい時はAndroidタブレット、多少高くても高性能のタブレットを買いたい時はiPad、という風に最初から値段分けするとより選びやすくなります。

操作方法

2つ目の違いは、デバイスの操作性です。

iPhoneとAndroidスマホと同じように、ホーム画面への戻り方やロックの解除方法など、それぞれ細かい違いがあるので慣れやすい方を選ぶのがおすすめです。

対応しているアプリ

3つ目の違いは、デバイスに対応しているアプリです。

iPadにもAndroidタブレットにも対応しているアプリは数多くありますが、中にはiPadでしか使えないアプリ、Androidタブレットでしか使えないアプリもあります。

購入前は、自分が使いたいアプリがどちらのデバイスでより多く対応しているか、調べておくと良いでしょう。

セキュリティ面

4つ目の違いは、セキュリティです。

ここ数年でスマホやタブレットはかなり普及してきましたが、それと同時にデバイスの乗っ取りや個人情報の盗難、不正利用など、サイバー犯罪もかなり拡大しています。

自分のタブレット端末が簡単に乗っ取られたり、犯罪に利用されたりすることは避けたいですよね。

買いたいタブレットのセキュリティ対策が十分かどうかも必ずチェックしておきましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。