『かわいい』が生まれる場所。

【SMS】ショートメールが送れない!原因と対処法を学んで解決!

【SMS】ショートメールが送れない!原因と対処法を学んで解決!

ガラケー時代から長く親しまれてきたSMS(ショートメール)。

スマホが広く普及してからはLINEなどのメッセージアプリでやり取りするのが一般的になりましたが、今でもSMS機能を利用する機会もあると思います。

そんなSMSですが、メッセージを送信しようとした時、突然エラーが出て送信できない問題が発生することがあるようです。

そんな時のために原因と対処法を学んでおきましょう。

今回は、SMS(ショートメール)が送れない時の原因と対処法について詳しく解説していきます!

Contents[OPEN]

SMSとはどんなサービス?

まずは、そもそも「SMS」とはどんなサービスなのか、SMSの基本から説明します。

短いテキストメッセージを送受信できるサービス

短いテキストメッセージを送受信できるサービス

「SMS」とは、「ショート・メッセージ・サービス」の略で、携帯電話やスマートフォン同士で短いテキストメッセージを送受信できるサービスのことです。

iPhoneでは、最初からインストールされている「メッセージ」というアプリを使ってSMSをやり取りできます。

送受信には電話番号と契約済みのSIMカードが必要

SMSはメールアドレスではなく使用している端末の電話番号を使用するため、データ通信専用SIMやタブレット、PCなど電話番号がない端末では利用できません。

また、SMSを利用するには携帯キャリアやMVNOと契約済みのSIMカードが必要になります。

SIMカードが入っていない、または契約を解除しているSIMカードは差し込まれているiPhoneだとSMSを送受信できません。

件名の入力や画像などの添付は不可

SMSではEメールのように件名を入力したり、画像などを添付することはできません。

件名を入れたり、画像などを添付したりして送信すると、相手のメールアドレスを知っている場合は、「MMS」や「iMessage」といったSMSとは違うメッセージの種類に自動で切り替えられて送信されます。

ただ、「MMS」はauかSoftBankのキャリアメールアドレス、「iMessage」はお互いがiPhoneやiPadなどのApple端末を持っていないと利用できないサービスです。

自分や相手が「MMS」や「iMessage」を使える条件を両方とも満たしていない場合は送信エラーになってしまうので注意して下さい。

Wi-Fi接続だけだと送受信できない

Wi-Fi接続だけだと送受信できない

EメールやMMS、iMessageならWi-Fiのみの接続でも送受信できますが、SMSではモバイルデータ通信で接続しないと送受信できません、

なぜなら、一般電話と同じように携帯の電話網を使用するからです。

モバイルデータ通信の設定がオフになっていたり、機内モードがオンになっていたりするとSMSを利用できないので注意して下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。