『かわいい』が生まれる場所。

FREE Wi-Fi PASSPORTでストレス!使い方~切断方法まで

FREE Wi-Fi PASSPORTでストレス!使い方~切断方法まで

スマホを利用している方なら、一度は『FREE Wi-Fi PASSPORT』というWi-Fiに勝手に接続されてしまった経験があると思います。

このWi-Fiは訪日外国人向けのサービスですが、日本人でも利用できます。

しかし、初回登録をしないと勝手に接続されてもネットには繋がらないため、逆に通信状態が悪くなり、ストレスを感じる方も多いかと思いのではないでしょうか。

そこで今回は、FREE Wi-Fi PASSPORTの使い方や、接続してしまったときの対処法を詳しく解説していきます。

FREE Wi-Fi PASSPORTってなに?

そもそも、この『FREE Wi-Fi PASSPORT』とはどういったWi-Fiサービスなのでしょうか?

訪日外国人向けのFree Wi-Fiサービス

『FREE Wi-Fi PASSPORT』とは、大手携帯キャリアのSoftBankが提供している、訪日外国人向けのFree Wi-Fiサービスのことです。

英語、中国語、韓国語の3ヶ国語に対応しており、海外の携帯キャリアと契約しているスマホから接続することが可能です。

ただし、一部の携帯キャリアには対応していないので注意が必要です。

『FREE Wi-Fi PASSPORT』は、特に外国人観光客が訪れることの多い人気観光地や大手百貨店、アミューズメント施設などに導入されていることが多いです。

海外滞在中にモバイル回線でネットを利用すると高額な通信料を請求されてしまうため、外国人の方からしてみれば非常に心強いサービスであると言えるでしょう。

日本人でも利用可能

『FREE Wi-Fi PASSPORT』は基本的に訪日外国人をターゲットにしたWi-Fiサービスですが、実は日本人でも利用することができます。

ただし、日本人の場合は、SSID名が『FREE Wi-Fi PASSPORT』ではなく、『FREE Wi-Fi PASSPORT J』の方に接続しないと利用できないので注意して下さい。

なお、このWi-FiサービスはSoftBankが提供していますが、docomoやau、格安スマホと契約している端末でも問題なく利用できます。

FREE Wi-Fi PASSPORTのステッカーが目印

『FREE Wi-Fi PASSPORT』は、下記のステッカーが貼られている場所で接続することができます。

FREE Wi-Fi PASSPORTのステッカーが目印

ステッカーが貼られている場所でスマホのWi-Fi設定を開くと、接続可能なネットワークの一覧に『FREE Wi-Fi PASSPORT』があるはずです。

ただし、ステッカーが貼られていても一部接続できない場所もあるので注意して下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。