『かわいい』が生まれる場所。

【iCloudフォトライブラリ】どんな機能?使い方や注意点

【iCloudフォトライブラリ】どんな機能?使い方や注意点

Contents[OPEN]

iCloudと端末内のデータは紐づけされる

iCloudフォトライブラリをオンにすると、端末内で保存されているデータとiCloud上に保存されるデータが紐づけされます。

そのため、iCloudで編集や削除などの変更を加えると、端末内にもその変更が反映されることになります(逆もまたしかりです)。

例えば、ストレージが不足してきたから端末内からは写真を削除したいけど、iCloud上には削除した写真を残しておきたい…ということはできないのです。

iCloudフォトライブラリをオンにしている間は、iCloudに同じ写真があるからといって、端末の方で間違えて削除してしまわないように注意して下さい。

アップロードに時間がかかる

iCloudフォトライブラリの設定をオンにすると、自動的に写真やビデオのアップロードが始まりますが、人によっては数百枚、数千枚一気にアップロードすることになるでしょう。

その場合、Wi-Fiに接続していてもアップロードが完了するまでにかなりの時間を要することになります。

そのため、時間に余裕がある時にアップロードを始めた方が良いでしょう。

【iCloudフォトライブラリ】同期できないときの対処法

先ほどご紹介した手順通りに操作を行ったのに、写真やビデオが上手く同期できないことがあります。

その場合は、以下の4つの対処法を試してみて下さい。

  • 「iCloudフォトライブラリ」を再度オン
  • iCloudストレージの空き容量を増やす
  • 安定したWi-Fiネットワークに接続する
  • iPhoneを再起動する

では、以上の4つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

「iCloudフォトライブラリ」を再度オン

「iCloudフォトライブラリ」を再度オン

写真やビデオを同期できない場合は、「iCloudフォトライブラリ」の設定に一時的な不具合が起きている可能性があります。

そのため、一旦設定をオフにしてから再度オンにして、同期が始まるか確認してみましょう。

iCloudストレージの空き容量を増やす

iCloudストレージの空き容量を増やす

繰り返しになりますが、iCloudフォトライブラリをオンにして写真やビデオを同期させると、その分iCloudのストレージを消費することになります。

容量が足りないと同期が上手くいかないため、まずはiCloudストレージの空き容量がどれくらいあるか一度確認してみましょう。

ストレージの空き容量は以下の操作手順で確認できます。

iPhoneの場合

  1. 「設定」を開いたら、一番上に表示されている自分の名前をタップ。
  2. 「iCloud」をタップ。
Macの場合

  1. アップルメニューをクリック。
  2. 「システム環境設定」を選択。
  3. 「iCloud」をクリック(Ma OS 10.15以降の場合は「Apple ID」→「iCloud」)。

すると、iCloudストレージの使用量が棒グラフで表示されます。

空き容量が残り少ない場合は、iCloudに保存している不要なデータを削除するなどして空き容量を増やして下さい。

安定したWi-Fiネットワークに接続する

安定したWi-Fiネットワークに接続する

iCloudフォトライブラリの「モバイルデータ通信」の設定をオンにしておけば、Wi-Fiがない場所でも写真やビデオをアップロードすることができます。

しかし、データ通信量の上限を超えて速度制限にかかっていると、容量が大きい写真やビデオをアップロードするのに時間がかかるため、途中で同期が止まってしまったり、正常に同期が完了しなかったりする場合があります。

そんなときは、電波強度が強い安定したWi-Fiネットワークに接続を切り替えてから再度同期してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。