『かわいい』が生まれる場所。

【Googleドライブ】他の人とファイル共有する方法をご紹介!

【Googleドライブ】他の人とファイル共有する方法をご紹介!

Googleドライブは、15GBまでのオンラインストレージを無料で使える便利なサービスです。

ただし、なれない方には共有方法や権限の違いなど分かりにくい点もあり、使いこなせていない方も多いでしょう。

この記事では、Googleドライブの共有方法や、共有できない時の対処方法などを1つずつ詳しく解説します!

Contents[OPEN]

【Googleドライブ】とは?共有方法の前に知っておこう!

Googleドライブの共有方法について解説する前に、Googleドライブがどのようなサービスなのかということ、共有の仕組みについて見ておきましょう。

特に共有方法の違いと権限について理解しておくと、操作を覚える上でとても役に立ちます。

Google提供のオンラインストレージサービス

Googleドライブとは、Google社の提供するオンラインストレージサービスです。

Googleアカウントさえ持っていれば、誰でも無料で15GBまでのストレージを使うことができます。

Googleドライブのメリットは主に2つあります。

1つはPCやスマホのストレージを節約できること。

オンライン上のストレージにファイルを保存でき、ダウンロードや削除も自由にできます。

2つ目にファイルのやり取りがやりやすいこと。

SNSやメールで相手ユーザーを特定して送信する必要がなく、Googleドライブのストレージ上でリアルタイムでファイルをやり取りすることができます。

GoogleアカウントはPCやスマホを利用する際にほぼ必須といえるため、ほかのオンラインストレージサービスと違って個人情報の追加登録の手間が省ける点も、Googleドライブの人気の理由となっています。

共有ファイルの公開範囲を自分で決められる

Googleドライブでは、アップロードしたファイルを相手に公開する方法を2つから選ぶことができます。

  1. 相手ユーザーの連絡先を登録して共有する
  2. ファイルのリンクを送信して公開する

1の方法は特定のユーザーだけにファイルを公開したい場合、2の方法は不特定のユーザーに特定のファイルだけを公開したい場合に便利です。

また、ファイルやフォルダごとに「権限」を設定することもできます。

  1. 閲覧のみできる
  2. 閲覧とコメントができる
  3. 閲覧・コメント・編集ができる

公開方法と権限を組み合わせることで、ほかのユーザーへの公開範囲をコントロールできる点も、Googleドライブのメリットです。

【Googleドライブ】ファイルの共有方法

まず、Googleドライブで相手の連絡先を登録してファイルを共有する方法を、スマホとPCに分けて見ていきましょう!

ファイルを共有する方法(スマホ)

スマホでGoogleドライブのファイルを共有したい場合は、アプリを導入しておくことをおすすめします。

スマホのブラウザアプリからGoogleドライブにアクセスすることはできますが、あまり使い勝手がよくないからです。

まずはスマホにGoogleドライブアプリをインストールしておきましょう。

Androidスマホの場合は、Googleドライブがプリインストールされています。

ホーム画面かアプリドロワーから、Googleドライブアプリをタップして起動します。

Googleアカウントを持っていない場合、メールアドレスとパスワードを用意してアカウントを作成しておく必要があります。

アカウント登録してログインしたら、Googleドライブアプリの画面から新規作成(+)アイコンをタップしてみましょう。

フォルダの新規作成

+アイコンをタップすると、新規作成の画面が出てきます。

新規作成メニュー

「フォルダ」を選択すると、ファイルを収める場所を作成することができます。

「アップロード」の項目で、端末内のファイルをGoogleドライブに移動することが可能です(アップロードしたファイルも端末から消えません)。

「スキャン」の項目では、カメラを使ってその場で撮影したファイルをアップロードすることもできます。

そのほか、下段の「ドキュメント・スプレッドシート・スライド」の項目では、それぞれのアプリでデータを作成し、それらをGoogleドライブ上にアップロードすることが可能です。

今回は「フォルダを作成してファイルをアップロードする」という手順を見てみましょう。

これさえ覚えておけば、あとは同じ操作でアップロードできます!+アイコンをタップして、「フォルダ」を選択しましょう。

フォルダの選択

フォルダ名入力画面が表示されたら、好きな名前を入力して「作成」をタップします。

フォルダ名の変更

Googleドライブ上に、新しいフォルダが作成されたはずです。

このフォルダ内にファイルをアップロードしたい場合は、フォルダをタップして中を開き、新規作成から「アップロード」を選択します。

ファイルのアップロード

アップロード画面では、スマホのストレージ内にあるファイルを選択してアップロードします。

左上のメニューをタップすると、ファイルの種別でソートをかけることも可能です。

ファイルの呼び出し

アップロードしたいファイルをタップすると、フォルダ内にファイルが作成されます。

画像ファイルで「Googleドライブからのアクセス許可」のメッセージが表示された場合は「はい」を選んでください。

ファイルのアップロード完了

これでGoogleドライブ上にファイルがアップデートされました!

ただし、このままではまだほかのユーザーがアクセスできません。

続けて、ほかのユーザーとファイルを共有する設定方法を見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。