『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】SafariとChromeのブックマークを同期しよう!

【iPhone】SafariとChromeのブックマークを同期しよう!

スマホはiPhone、自宅のパソコンはWindowsという方もいると思います。

そこで問題になるのが、「ブラウザ」です。

iPhoneでは標準ブラウザの「Safari」を使い、Windowsのパソコンでは「Google Chrome」を使うという方も多いでしょう。

利用するブラウザが異なると、検索した履歴やブックマークをもう一度自宅のパソコンで確認しようとしても、検索をし直す必要があるのでなかなか不便ですよね。

でも実は、「Safari」と「Google Chrome」は、簡単に同期ができるんです。

そこで今回は、「SafariとChromeのブックマークを同期する方法」について詳しく紹介していきます。

2つのブラウザを利用しているという方は、ぜひ参考してみてください。

それでは一緒に確認していきましょう。

SafariとChromeのブックマークを同期するメリット

同期する方法を詳しく見ていく前に、まずは「同期をすることのメリット」から説明していきます。

メリットは2つあります。

  • SafariのブックマークがChromeでも見られる!
  • iPhoneで検索したものが自宅のPCで見られる!

1つずつ見ていきましょう。

SafariのブックマークがChromeでも見られる!

気に入ったサイトや後からゆっくり読みたいなと思ったサイトを「ブックマーク(お気に入り)」に追加するという方多いですよね。

利用するブラウザが異なっていると、ブックマークを共有することはできないため、いちいち検索をし直す必要があります。

しかし同期設定をすれば、iPhoneでお気に入りに追加したサイトを、自宅のPCのChromeからでもチェックすることができるようになります。

サイトをいちいち検索し直すといった手間が省けるので、すごく便利なんです。

POINT

  • デバイスが変わっても、同じブックマークを使える!

iPhoneで検索したものが自宅のPCで見られる!

同期することのメリットは、ブックマークを一括で管理できるだけではありません。

「検索した履歴」もブラウザ間で共有することができます。

つまりiPhoneで検索したものをPCからアクセスすることが簡単にできるほか、検索履歴が統一されるので、調べたものを一つにまとめておきたいなという方にもおすすめです。

POINT

  • 同期すると検索履歴も統一されるので、一度見たサイトをすぐ調べることができる

SafariとChromeのブックマークを同期する方法は?

では実際に、ブックマークを同期してみましょう。

同期をするためには、次の4つのステップに沿って、進める必要があります。

  1. PCにiCloudをインストールする
  2. Google Chromeに拡張機能を追加する
  3. Safariの同期設定をオンにする
  4. SafariとChromeの同期を完了させる

次の項から、詳しく説明していくので、ぜひ順番に確認してみてください。

PCにiCloudをインストールしよう

同期するためには、まず使用しているPCにiCloudをインストールする必要があります。

  • 使用しているPCにiCloudをインストールする
  • インストール後、iPhoneのApple IDとパスワードを入力
  • iCloudを起動すると、ブックマークオプションが表示されるので、「Chrome」にチェック

以上が、PCにiCloudをインストールする方法です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。