スマホで見つける、もっと可愛い私

【どっちがいいのか知りたい!】メルカリとラクマの違いを徹底比較

【どっちがいいのか知りたい!】メルカリとラクマの違いを徹底比較

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

Contents[OPEN]

【メルカリ】トラブル時は運営が助けてくれる

メルカリでは、トラブルが起きた場合にメルカリ事務局が介入してくれます。何か問題が発生し、自分では解決できない場合はマイページのお問い合わせより、事務局へ連絡が可能です。

また、配送補償のあるメルカリ便を利用するなどで、安心して利用できる環境を自ら作ることもできます。

【ラクマ】(商品が売れた場合)手数料が少ない

メルカリとの最大の差でラクマの強みとも言えるのが、商品が売れた際の手数料(販売手数料)の少なさです。

メルカリが販売価格の10%の手数料がかかるのに対し、ラクマは3.5%です。両者の6.5%の差というのは大きいもので、販売価格が高くなればなるほど影響が出てきます。

支払方法や発送方法でメルカリには幅がある強みがあるのに対し、販売手数料ではラクマの方が少なく出品者にとってはかなりのメリットがあります。

【ラクマ】匿名配送が可能

ラクマでもメルカリと同様に、匿名配送が可能なことがメリットに挙げられます。日本郵便を利用した「かんたんラクマパック」を利用した一部の発送方法で、匿名配送が可能です。

一部というのがメルカリとの差ではありますが、出品者と購入者がお互いの氏名や住所などの個人情報を教えなくても取引ができるという、プライバシーに配慮した安心安全な配送サービスです。

【メルカリとラクマ】出品時のデメリット

続いては、出品時のデメリットです。それぞれでどのようなデメリットがあるのでしょうか?

【メルカリ】手数料が高い

ラクマの3.5%に対し、メルカリでは10%の販売手数料が発生します。

1万円で商品が売れた場合には、1,000円の販売手数料が引かれてしまうので、実質9,000円の売上です。そこから送料込みにしていた場合は、送料が引かれた額が手元に残るお金となるので、メルカリの場合は販売手数料が高いことを理解した上で、販売価格を決定する必要があります。

【メルカリ】現金化するときに手数料がかかる

売り上げが1,000円であろうが、50,000円であろうが現金化の際に200円の手数料がかかってしまいます。メルカリでは、ある程度まとまった金額になった際に現金化する方が良いでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。