『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneのWi-Fiが遅い原因と全対処法!不具合時の裏技紹介

iPhoneのWi-Fiが遅い原因と全対処法!不具合時の裏技紹介

iPhoneでデータのバックアップを取るときなどには、絶対Wi-Fiが必要になりますよね。

Wi-Fiの速度が遅いと、何をするにも時間がかかってしまい大変です。

今回は、iPhoneを使用しているときにWi-Fiが遅い原因と不具合が起きてしまった時の裏技を紹介していきます。

Contents[OPEN]

iPhoneのWi-Fiが遅い!まずはWi-Fiの基礎知識

まずは、たくさんのサービスがあるWi-Fiの基本的な情報について見ていきましょう。

Wi-Fiのことを知ることで、通信が遅い原因がわかるかもしれませんよ。

モバイルWi-Fiは速度が遅い

Wi-FiサービスのひとつであるモバイルWi-Fi。ポケットWi-Fiとも言いますよね。

家にインターネットを繋ぐとなると工事が必要だったり時間がかかったりしますが、モバイルWi-Fiであれば工事をすることもなく、契約してすぐに使えるので簡単にWi-Fi環境を作ることができるメリットがあります。

また、小さいので外に持って行くこともでき、どこでも使えるのも利点です。

しかし、デメリットもあります。それは、光回線などと比べるとどうしても通信の速度が遅くなってしまう点です。

購入する時に決めるプランによっては使えるギガ数が限られているものがあったり、データ量を無制限で使えるものでも3日間で決まっているギガより多く使うと通信速度に制限がかかってしまうものもあります。

もちろん、通信制限がかかってしまうと速度さも遅くなってしまうので注意してくださいね。

送信・受信でWi-Fi速度が違う

実は、送るときと受け取る時で通信の速度が違うんです。

送信(アップロード)のことをよく「上り」と呼び、受信(ダウンロード)のことを「下り」と呼びます。

どちらも重要なのですが、特に速度を気にしないといけないのは、ダウンロード(下り)時の速さです。

理由は、受信する時の方が多くのデータ量を使うため、速度が遅いととても時間がかかってしまうからです。

イメージしやすいのは、アプリをインストールするときでしょう。アプリによってはWi-Fiがないとインストールができないことがありますよね。

それは、大きな通信を行うときにWi-Fiなしでは受信がスムーズに行えないからです。

しかし、メッセージを送信する時には、Wi-Fiが無くてもいつでも送信することができますよね。

同じ場所・同じ時間帯でも、送るのと受け取るのとでは速度が違うことを覚えておきましょう。

提供している会社で速度が違う

iPhoneやスマホでも契約しているキャリアによって速度が違うのと同じように、Wi-Fiも提供している会社によって通信の速さが違います。

それは、基地局と呼ばれる電波を送っている設備がたくさんあるかどうかや、使っている時間によって速さをあえて少し遅くしている会社もあるからです。

他にも、Wi-Fiの速さは回線を使っている人の多さや利用している場所も関係しています。

高速通信を使えない場所もある

現在は光回線がメインとなっていますよね。

しかし、地域によっては回線が整っておらず、まだ使うことのできていない場所もあります。

例えば、山の中や海の上・飛行機の中では通信が弱くなって遅くなったり、使えなかったりしますよね。

全ての場所で高速で快適な通信ができるわけではないので、使っている場所の電波状況を調べてみてもいいかもしれませんね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。