『かわいい』が生まれる場所。

iTunes Matchとは?登録・解約方法やApple Musicとの違いを詳しく紹介!

iTunes Matchとは?登録・解約方法やApple Musicとの違いを詳しく紹介!

音楽を聴く際に、iTunes Matchを使う人が増えてきましたね。

併せてApple Musicを利用している人も多いのではないでしょうか?

ただ、この2つの違いをしっかり理解していないと、突然音楽が聴けなくなってしまうことがあるんです。

そこで、今回の記事では、iTunes MatchとApple Musicの違いや利用時の注意点について詳しく解説します!

これから音楽サービスをうまく使い分けていこうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

iTunes Matchとは?Apple Musicとの違い

iTunes MatchとApple Musicは、どちらも音楽を聞く際に利用できるサブスクリプションです。

ただ、使い方や料金には当然ながら違いがあります。

まずは、iTunes MatchとApple Musicの違いをしっかり理解しておきましょう。

iTunes MatchとはiCloudに保存できる楽曲提供サービス

iTunes Matchとは、iCloudにミュージックデータを保存できる楽曲サービスです。

iCloudにミュージックデータを保存するので、どの端末からでもオフラインで楽曲を楽しめます。

たとえば、iTunes Storeで購入したりCDから読み込んだりした楽曲。

これらをiTunes StoreのカタログとマッチさせてiCloudにアップロードすることが可能です。

iTunes Matchを使うには年間で3980円ほどかかりますが、他のiOSデバイスでも最大10台までなら共有できます。

そのため、iCloudにミュージックデータがたくさん入っている人と共有できると、より視聴できる楽曲が増えますね。

Apple Musicとは楽曲をストリーミング再生する

Apple Musicとは、楽曲をストリーミング再生できるアプリです。

Apple Musicを利用することで、約6000万曲もの音楽を視聴できます。

月額で980円ほどかかりますが、ネット環境さえあれば1日約33円ほどの利用料金なので、とてもお得ですね。

さらに「Apple Music Radio」機能も利用できるため、1ヶ月だけでは遊び尽くせないほどボリューム満点のサービスです。

iTunes MatchとApple Musicの違いは「DRM」

iTunes MatchとApple Musicの違いは、「DRM」にあります。

そもそもDRMとは、デジタル著作権管理(DRM:Digital Rights Management)の略です。簡単にいえば、楽曲における著作権のことを指します。

iTunes Matchでマッチした曲は、M4Aファイルで保管されてDRMフリーとなります。

一方、Apple Musicで配信している楽曲はM4Pファイルで、DRMの保護がされているのです。

つまり、DRMフリーであるiTunes Matchは、iCloudに保存できてオフラインでもどの端末でも聴けることになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。