『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneにクレジットカードが登録できない!原因と対処法!

iPhoneにクレジットカードが登録できない!原因と対処法!

普段使用しているクレジットカードをiPhoneに登録しておくと、実店舗やオンラインでの決済がスマートにできて便利です。

ですが、何らかの原因でクレジットカードの登録ができない場合もあります。

決済のたびにカード情報を入力することもできますが、毎回するととても面倒なので何とかして避けたいですよね。

そこで今回は、iPhoneにクレジットカードが登録できない原因と対処法を紹介していきます。

Contents[OPEN]

【iPhone】クレジットカードが登録できない!?まずは基本情報から

登録できない原因と対処法を説明する前に、まずは、クレジットカードの登録の安全性と、登録することによるメリットについて解説していきます。

クレジットカードの登録は安全?

iPhoneユーザーなら、Apple IDやApple Payにクレジットカードの情報を登録することができます。

カード情報を登録しておくと色々と便利ですが、万が一iPhoneを紛失したり盗まれた時に、カード情報を盗み取られて悪用されないか心配になりますよね。

しかし、紛失・盗難したとしてもカード情報を盗み取られる可能性は低く、安全性は高いと言えます。

なぜなら、登録したカード情報は「TLS」という暗号化技術によって保護されており、iCloudにサインインしている端末でしかアクセスできないからです。

また、iPhoneにパスコードを設定してロックをかけておき、かつ「Face ID」や「Touch ID」といった生体認証を設定しておけば、第三者に不正操作される可能性はかなり低いでしょう。

とはいっても、クレジットカード情報を登録する以上、情報流出・盗難のリスクは付き物なので、絶対にカード情報を盗まれたくない!という方は登録をやめておいた方が良いかもしれません。

【メリット】Apple IDなら商品購入に便利

Apple IDなら商品購入に便利

Apple IDにクレジットカードを登録しておけば、App StoreやiTunes Storeなどで商品を購入する時に便利です。

Apple IDに支払い情報や請求先の氏名・住所を登録しておくと、決済時にカード情報や個人情報が自動的に入力されるので、入力の手間が省けます。

【メリット】Apple Payなら電子決済に便利

Apple Payなら電子決済に便利

Apple Payにクレジットカードを登録しておけば、電子決済をおこなう時に便利です。

実店舗での決済でApple Payを使えば、レジでお財布の中から現金やクレジットカードを取り出す必要がなくなり、スマホをかざすだけで決済できるので、支払いに手間や時間はかかりません。

また、Apple PayはAmazonや楽天などのネット通販でも使用できます。

クレジットカードで決済する場合、決済画面で現物のクレジットカードを見ながらカード番号やセキュリティコード、カード名義、有効期限を入力する必要がありますが、Apple Payにクレジットカードを登録しておけばその必要はありません。

決済方法を選択する時にApple Payを選択するだけで決済が終わるのでとても便利です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。