『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】「正常に処理できませんでした」のエラー表示の対処法

【LINE】「正常に処理できませんでした」のエラー表示の対処法

スマホを使っている人が1番多く利用しているアプリは、LINEなのではないでしょうか?

連絡手段としてなくてはならないアプリですよね。

しかし、LINEを使っていると「正常に処理できませんでした」と表示されることがあります。

今回は、このようなエラーが表示された時の原因と対処法を紹介します。

ここからのお話を読んでみると、あなたの問題が解決するかもしれませんよ。

Contents[OPEN]

LINEの通常操作で「正常に処理できませんでした」と表示される場合

LINEを使っていて表示されるエラーメッセージには、いくつか種類があります。

まずは、どのようなものがあるのかチェックしていきましょう。

エラーメッセージの種類

全般的に出てくるエラーメッセージは3つです。

  1. 登録ができませんでした
  2. 正常に処理ができませんでした。しばらく経ってからもう一度お試しください
  3. 認証が一時的に制限されています。しばらく経ってからもう一度お試しください

出典:LINE公式サイトヘルプ

いつどのメッセージが出るかはわかりません。

そのほかにも、原因がはっきりしている状態にはそれぞれ決まったエラーが表示されいます。

例えば、ログイン時に情報が間違っていたときには、「パスワードが間違っています」「メールアドレスまたはパスワードが間違っています」「入力したメールアドレスが登録されているLINEアカウントが存在しません」などが表示されることもあるのです。

不正、または無効な電話番号やメールアドレスと表示されることもあります。

メッセージを送信する時

「正常に処理できませんでした」と表示されるタイミングの1つとして、メッセージを送ったときが挙げられます。

LINE公式サイトでは、どうしてエラーが出るのかの記載がないので、はっきりとした原因は不明です。

そのため、ここからは考えられる原因についてお話していきます。

考えられることは、通信に問題がある場合です。

通信環境が悪く、メッセージを送っている途中に通信が途切れたことでうまく送れずにエラーが出た可能性があります。

また、Wi-Fiが途切れた瞬間に送られたものも、通信が切り替わるタイミングだとエラーが出る可能性も考えらえます。

スタンプをダウンロードする時

スタンプを送るときにエラーが出る場合も、メッセージを送るときと同じように通信関係に問題がある可能性があります。

あとは、LINEを開いた時点で問題があったのかもしれません。

たまたまアプリに不具合が出ていただけなのであれば、すぐに改善する可能性が高いです。

友達追加しようとした時

元々、「正常に処理できませんでした」というエラーメッセージは、操作がうまく処理できなかったとき全般で表示されるものです。

そのため、ただ処理がうまくできなかったときや時間がかかってしまい、動作が停止してしまったときにも表示されます。

友だち追加しようとしたときにも、よくこのエラーを見かけます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。