『かわいい』が生まれる場所。

【Wi-Fi】オンにできない原因はなに?スマホ・PCの対処方法!

【Wi-Fi】オンにできない原因はなに?スマホ・PCの対処方法!

Wi-Fiに接続しようとしても、設定画面のWi-Fiの項目がグレーになっていて、スイッチをタップしても設定がオンにならない現象が起こることがあります。

すでに速度制限がかかっている人からしてみれば、Wi-Fiに接続できないのはとても困りますよね。

そこで今回は、Wi-Fiがオンにできない原因や対処法を紹介していきます。接続できなくて困っている人は、ぜひこの記事を参考にして対処してみて下さい!

【Wi-Fi】文字が薄くなってオンにできない!原因は?《iPhone》

Wi-Fiをオンにしても何も反応せず、Wi-Fi接続できないというトラブルが起こることがあります。

では、このような症状が起こるには一体どういった原因があるのでしょうか?

グレーアウトとは?

「グレーアウト」とは、以下のスクショ画像のように文字が薄くなっている状態のことを言います。

グレーアウトとは?

グレーアウトしてしまうとタップしても何も反応してくれないので、その項目の機能をオンに切り替えられなくなってしまいます。

Wi-Fiの項目がそのような状態になってしまうと、Wi-Fiに接続してネットを利用できなくなるのでそれは非常に困りますよね。

では、そもそもなぜこのような現象が起きてしまうのか、原因をいくつか紹介していきます。

iOSやシステムの不具合

iOSやシステムに何らかの不具合が起きると、Wi-Fiの項目がグレーアウトして使えなくなってしまうことがあります。

iOSやシステムに不具合が起きる原因としては、ストレージ容量の不足やiOSのバグ、キャッシュの溜まりすぎ、ウイルス感染などが挙げられます。

これが原因でグレーアウトしている場合は、端末の再起動やiOSのアップデートなどを行えば改善する可能性も十分にあります。

iPhone内部の故障・基板不良

Wi-Fiの項目がグレーアウトするもうひとつの原因としては、iPhone内部の故障や基板不良が考えられます。

iPhoneを落として外部から強い衝撃が加わったり、iPhoneが水に濡れてしまったりすると、内部の部品や基板が破損してしまうことがあります。

そうなると、Wi-Fiが正常に作動しなくなり、グレーアウトして設定をオンに切り替えられなくなるのです。

なお、iPhone内部の故障や基板不良の場合は部品を交換する必要があるので、自力で対処せず業者に修理を依頼した方が良いでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。