スマホで見つける、もっと可愛い私

【Wi-Fi】オンにできない原因はなに?スマホ・PCの対処方法!

【Wi-Fi】オンにできない原因はなに?スマホ・PCの対処方法!


iOSを最新版にアップデート

グレーアウトが起こった時にiOSのバージョンが古かった場合は、最新版にアップデートするのも効果的です。

最新版にアップデートすることで不具合が解消されるので、グレーアウトが改善される可能性も十分あります。

なお、アップデートの途中で充電が切れてしまうと、リンゴループなど重大なエラーが発生してしまう恐れがあるので、必ずiPhoneを充電した状態でアップデートを行って下さい。

iOSをアップデートする時の操作手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 設定を開いたら、「一般」をタップ。
  2. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  3. 「ダウンロードしてインストール」をタップ。
  4. 「インストール」を選択。

引用:Apple公式サイト

あとは、iOSのアップデートが終わるまでしばらく待ちましょう。

iPhoneを初期化

今までご紹介してきた対処法を全部試しても改善しない場合は、iPhoneを初期化して工場出荷状態に戻してみましょう。

iOSやシステムの不具合が原因であれば、工場出荷状態に戻すことで改善される可能性が高いです。

ただし、iPhoneを初期化してしまうとデータや設定が全て削除されてしまうので、iCloudやiTunesでバックアップを取ってから初期化をおこなってください。

iPhoneを初期化する時の操作手順は以下の通りです。

「設定」を開いたら、「一般」をタップします。

「一般」をタップ

画面を一番下までスクロールして、「リセット」をタップしましょう。

「リセット」をタップ

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップして下さい。

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ

バックアップを取っていない場合は「バックアップしてから消去」、既にバックアップを取っている場合は「今すぐ消去」を選択します。

「バックアップしてから消去」か「今すぐ消去」を選択

そしたら、iPhoneの初期化が終わるまでしばらく待ちます。

【Wi-Fi】オンにできない!iPhoneにPCを利用する対処法

今まで紹介してきた対処法でWi-Fiをオンにできない場合は、さらに以下の2つの対処法を試してみて下さい。

  • リカバリーモードを試す
  • DFUモードを試す

なお、以上の2つの方法はiTunesをインストールしているパソコンとケーブルが必要になります。

リカバリーモードを試す

リカバリーモードとは、iOSの起動プログラムを使用してiOSのアップデートや修復を行うモードのことです。

このモードはAppleが推奨している復元方法なので、まずはリカバリーモードでグレーアウトが直るか試してみましょう。

リカバリーモードにする時の操作手順は以下の通りです。

iPhone 8以降の場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. 音量の「+」ボタンを押してすぐに指を離す。
  3. 音量の「-」ボタンを押してすぐに指を離す。
  4. サイドボタンを長押しする。
  5. Appleのロゴが表示されても、サイドボタンを押し続ける。
  6. iTunesのロゴが表示されたら、ボタンから指を離す。

引用:Apple公式サイト

iPhone 7、7 Plusの場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. 音量の「-」ボタンとサイドボタンを同時に長押しする。
  3. Appleのロゴが表示されても、音量の「-」ボタンとサイドボタンを押し続ける。
  4. iTunesのロゴが表示されたら、ボタンから指を離す。

引用:Apple公式サイト

iPhone 6s以前の場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. サイドボタンとホームボタンを同時に長押しする。
  3. Appleのロゴが表示されても、サイドボタンとホームボタンを押し続ける。
  4. iTunesのロゴが表示されたら、ボタンから指を離す。

引用:Apple公式サイト

以上の操作を行った後、iTunesが起動して確認画面が表示されたら、リカバリーモードに突入できたのでボタンから指を離して下さい。

リカバリーモード

リカバリーモードの場合は「アップデート」「復元」の2つの選択肢が表示されるので、まずは「アップデート」を選択しましょう。

あとは画面の指示に従って操作を進めればOKです。

もし、iOSのアップデートで改善しなかった場合は、「復元」を選択してiPhoneの初期化を試してみて下さい。

自己責任でDFUモードを試す

リカバリーモードを試してもグレーアウトが改善されない場合は、DFUモードの起動を試してみて下さい。

DFUモードとはリカバリーモードとは違い、iOSの起動プログラムを使用しないでiTunesにiPhoneを強制的に認識させ、iOSの修復を行うモードのことです。

リカバリーモードはApple公式の復元方法ですが、このモードはApple非公式の復元方法なので、最終手段として自己責任で行って下さい。

なお、DFUモードを起動して初期化するとデータが全て消えてしまうので注意しましょう。DFUモードにする時の操作手順は以下の通りです。

iPhone 8以降の場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. 音量の「+」ボタンを押してすぐに指を離す。
  3. 音量の「-」ボタンを押してすぐに指を離す。
  4. 画面が真っ暗になるまでサイドボタンを長押しする。
  5. 画面が真っ暗になったら、サイドボタンを押し続けながら、音量の「-」ボタンを5秒押し続ける。
  6. 5秒経ったらサイドボタンから指を離し、音量の「-」ボタンを押し続ける。
iPhone 7、7 Plusの場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. iPhoneの電源を切る。
  3. サイドボタンを長押ししてiPhoneの電源を入れる。
  4. Appleのロゴが表示されたら、サイドボタンを押し続けたまま、音量の「-」ボタンを同時に長押しする。
  5. 画面が真っ暗になったら、音量の「-」ボタンを押し続けたまま、サイドボタンから指を離す。
iPhone 6s以前の場合

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで接続する。
  2. iPhoneの電源を切る。
  3. サイドボタンを長押ししてiPhoneの電源を入れる。
  4. Appleのロゴが表示されたら、サイドボタンを押し続けたまま、ホームボタンを同時に長押しする。
  5. 画面が真っ暗になったら、ホームボタンを押し続けたまま、サイドボタンから指を離す。

以上の操作を行うと、iTunesが起動して確認画面が表示されます。

iTunesの画面にはリカバリーモードと表示されていますが、この3つのポイントに当てはまっていればDFUモードで起動できています。

  • 「復元」しか選択できない(「アップデート」はグレーアウト状態)
  • iPhoneの画面は真っ暗なまま
  • シリアル番号の部分には「N/A」と表示される

あとは、「復元」→「復元とアップデート」をクリックすればiPhoneの初期化が始まるので、終わるまでしばらく待ちましょう。

初期化が終わったら、Apple IDとパスワードを入力して初期設定をおこなって下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。