スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneからファイル転送|PCやAndroidにも楽々転送!

iPhoneからファイル転送|PCやAndroidにも楽々転送!

女子会や旅行を楽しんだあと、「あのときの写真を送って?」なんて言われることがありませんか?

大量の写真を撮った場合、一枚ずつ送るのは手間がかかってしまいます。

今回はiPhoneを使って、他の端末へ画像ファイルを送る方法について詳しく解説していきます。

今後、機種変更や修理に出すときなどに使うことができるように、いろいろな転送方法について見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhoneからファイル転送する方法

iPhoneから他の端末にデータを送るには、どのような方法があるでしょうか。

まずは、iPhoneからファイル転送するにはどのような方法があるのかについてご紹介してきますね。

たくさん方法があるので、その中から自分が使いやすい方法を見つけてみてください!

クラウドストレージサービス

クラウドストレージサービスとは、本体に入っているデータをインターネット(クラウド)上に保存をするサービスです。

同じアカウントを使ってログインするだけで、保存したデータを他の端末で見たり、保存(復元)することができます。

iCloudは、Apple製品でないと利用することができません。ただ、無料でどの端末でも使えるサービスもありますよ。

多くのサービスでは、クラウドに情報を保存したりその情報を本体に戻すときに通信量を多く使うので、Wi-Fi環境が必要となることがあります。

そのため、どこでもこれを使うことはできないデメリットはありますが、端末問わずアカウント情報だけでファイルの転送をすることができるのはメリットです。

iTunseで同期

PCにファイルを送るのであれば、iTunseで送ることができます。

iTunseはMac・Windowsどちらにも無料でソフトを入れることが可能です。

表示の仕方もほとんど同じなんですよ。

PCであれば、PC本体の容量分はデータを保存しておくことができるので、iPhoneに写真などがたくさん入っている人でも安心して保存することができるでしょう。

また、ファイルや写真などのデータだけでなく、アプリの情報もバックアップすることができます。

端末を新しく変えるとき、iTunseにデータを入れておけば、アプリを1つずつ入れ直さなくて済むので楽ですよね。

できるだけ多くの情報を残しておきたい人は、PCに保存しておくと良いかもしれませんね。

ファイル転送ソフトを使う

クラウドやiTunseの他にも、ファイルを送ることができるソフトがあります。

このソフトでは、先にご紹介したものとは違い、アカウントが不要で送ることができるものやBluetoothを使って転送することができるものもあるのです。

送り先の端末によって利用できるソフトが変わってくるので、使うときにはそのアプリが対応している端末なのか確認してからソフトをインストールしましょう。

今後もiPhoneを利用するのであれば、クラウドサービスやiTunseの方が使い勝手がいいかもしれません。

iOSアプリで転送

ソフトなどを入れなくても、簡単にアプリで転送することもできます。

iPhoneからスマホ端末(iPhone/Android)へのファイル転送は、両方の端末に専用アプリをダウンロードし、隣に置いてアプリの操作をするだけで送ることができるのです。

この方法だと転送できるデータが限られますが、簡単なスマホの操作だけで完了します。

PCでの操作やクラウドはわかりづらい人は、アプリを使ってみると良いでしょう。

アプリは、App StoreやGoogle Play ストアからダウンロードすることができます。

契約しているキャリアで専用のアプリを出していることもあるので、もしかするとすでに転送することができるアプリが端末に入っているかもしれないので、確認してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。