『かわいい』が生まれる場所。

iCloudの『書類とデータ』とは?確認・削除方法も教えちゃいます!

iCloudの『書類とデータ』とは?確認・削除方法も教えちゃいます!

みなさんは、iCloudを活用していますか?色々と便利な機能がたくさんあり、そのすべてを使っている人は少ないのではないでしょうか?

今回は、iCloudの中でも使いこなせていない人が多い「書類とデータ」について詳しく紹介していきます。

「書類とデータ」の確認や削除の方法をまとめているので、一度読んでみるとiCloudをより便利に使うことができるはずです。

iPhoneのストレージの空き容量とも大きく関係しているため、iPhoneをより便利に使いたいという人も、ぜひ最後までチェックしてみてください。

iCloudの「書類とデータ」とは?

そもそもiCloudの「書類とデータ」とは、何なのでしょうか。

「Keynote」「Pages」「Numbers」などの文書が保存されている

「書類とデータ」は、アプリ経由で任意のファイルやデータを保存する機能を持ちます。具体的には、KeynoteやPages、NumbersなどApple製のアプリのデータは、「書類とデータ」に残されていることが多いです。

ファイルの保存場所が分からないと困っている人は、「書類とデータ」をチェックしてみるといいでしょう。ファイルが見つかる可能性があります。

放置しているとすぐに容量がいっぱいになってしまう

「書類とデータ」は、そのままにしておくと容量が上限に達してしまうことがあります。iPhoneの容量がいっぱいという場合は、iCloudの「書類とデータ」を確認するといいでしょう。

iCloud「書類とデータ」の確認・削除方法

それでは、「書類とデータ」の確認方法や削除する方法を紹介していきます。この機会に書類とデータの操作方法を確認してください。

iOSからの操作手順

まずは、設定から「iCloud」へ進みましょう。

iCloud

その後で「ストレージを管理」を選びます。

ストレージ

iCloud を使用しているアプリ名が載っているため、確認や削除したいアプリを選んでください。

アプリ一覧

そして「書類とデータ」を削除を押せば、全てのアプリを削除できます。手軽に利用できるため確認してみてください。

全てのアプリ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。