『かわいい』が生まれる場所。

男性が「付き合えないな」と思う女友達の3つの特長

男性が「付き合えないな」と思う女友達の3つの特長

トキメキやドキドキを与えてくれる男性より、一緒にいて安心感を与えてくれる男友達を好きになる女性は珍しくありません。

また、「まずは友達になって徐々に仲良くなってから、アプローチしよう」と作戦を立てる女性もいます。

ただ、男性は「友達としてはアリだけど、恋人としてはナシ」と女友達をシビアに判断しており、女友達から恋愛に発展しないことは結構あります。

そこで今回は、男性が「付き合えないな」と思う女友達の特徴を、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介しましょう。

気を許しすぎてしまっている

女性側がいかに「一緒にいて落ち着くから好きになった」と思っていても、男性側もそう思っているとは限りません。

男性も好きな人にドキドキする恋愛をしたいと望んでいる可能性は当然ありますので、一緒にいると安心感を抱いてしまう女性に恋をしないケースは結構あります。

ただ、この場合ですと、ギャップを使って“異性”であることを意識させると、恋愛対象に食い込むこむことができるので諦める必要はないでしょう。

口調が荒い

「店員さんに横柄な態度を取る男性が嫌い」と考えている女性が多いように、女性に品行方正な振る舞いを求める男性は少なくありません。

そのため、普段話している時、「あいつマジでクソだわ~」といった荒い口調で話していると、「一緒にいて楽しいけど、自分の彼女にはこんな話し方してほしくないな」と思われがち。

また、発言だけでなく、ご飯の食べ方などの立ち振る舞いも見てげんなりされることもあります。

「男友達の前では素でいられる」と思って粗雑な言動ばかりしていると、いざ好意を持っても振り向いてもらうことは難しいでしょう。

恋愛話を聞きすぎている

友達であれば恋愛話をするのは珍しくありません。ただ、あまりに恋愛話を聞きすぎていると、「この子を彼女にするのは大変そうだな」という気持ちになったり、「そんな性行為してるんだ」と赤裸々な話を聞いたことにより異性として見れなくなったりしてします。

「これだけ私の恋愛観をわかってくれるなら、この人と付き合ったら安心できるかも!」と恋愛相談に親身に乗ってくれたことがキッカケで好きになることは多々あるでしょう。

しかし、表では「それは大変だったね」と優しい相槌をしていても、「そんなのお前が悪いじゃん?なんで被害者面してんの?」と冷めながら話を聞いている男性は結構います。

まとめ

“女友達”というポジションに入れられてしまうと、なかなか恋愛に反転するのは難しいです。

ただ、チャンスは0%ではないので、まずはその男友達が自分をどう見ているのかをチェックしてみましょう。

(高萩陽平/ライター)

カナウ編集部

この記事のライターカナウ編集部
記事提供:カナウ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。