スマホで見つける、もっと可愛い私

片思いこそ好きバレするべき?気になる彼に向けた落とす恋愛テクニック

片思いこそ好きバレするべき?気になる彼に向けた落とす恋愛テクニック

片思い中は、意中の彼にどんな態度を取るべきか迷うもの。

「バレるのは恥ずかしい」と好きな気持ちを素直に出せない人もいるでしょう。

好意を示して、そっけない態度を取られると、傷つく気持ちは理解できます。

でも、好きなら、気持ちは隠さないほうがおすすめ。

今回は片思いを成就させるテクニックを紹介します。


好きな気持ちは隠さないほうがいい……?

好きな人に対して、自分からアクションを起こさなくても「向こうから勝手にアプローチしてくる」そんな人はごく一部でしょう。

好きな人がいても、ひたすら受け身で、ただ待っているだけだと大抵の場合、関係は発展しません。

アプローチせずにいても、友達関係を続けているうちに、意中の男性が恋愛対象として見てくれる可能性はあるでしょう。

しかし、それはあまりにも回りくどい上に、確実性の低い方法です。時間を無駄に浪費してしまう可能性のほうが高いでしょう。

好きな男性がいるなら、自分の気持ちを相手に示すのがおすすめ。好意を示せば相手の気持ちに何かしらの変化が起きるもの。関係が進展する可能性はグッと高まるでしょう。

最悪、失恋しても、無駄な時間を使わずに、次の恋愛に進めます。

下手に出すぎるのはNG

好きな気持ちを隠さないといっても、出し方には注意しなければなりません。

嫌われたくない気持ちから過剰に下手に出てしまったり、尽くしすぎたりするのはNGです。

あまりに下からの態度は、男性を調子づかせてしまいます。「この子はいつでも落とせる」と下に見られてしまうでしょう。

自分より下の存在だと感じる相手には魅力を感じないもの。遊ばれたり、都合のいい女扱いされたりするでしょう。

好きだからといって、見下されるような、自分をへりくだるアピールは必要はないのです。

相手を見極める必要がある

すべての男性に効果的なアプローチ方法はありません。

好きな男性の性格や、自分との関係性などを理解して、好意の示し方を変えたほうが有効です。

相手がモテる男性や、それなりに恋愛経験がある男性ならば、好きオーラ全開で向き合うのは得策ではないでしょう。

先程紹介した、下手に出る時と同様に、男性を調子づかせてしまいがち。

「この子は俺のことが好きだからいつでも付き合える」と、キープ扱いになってしまう可能性もあります。

「向こうは好きみたいだから、少し遊んじゃおう」なんて対応をしてくる男性もいるもの。

なので、好きな気持ちを隠さないといっても、あまり開けっぴろげにしないほうがいいでしょう。

他の男性より心を許している素振りや、特別扱いをしつつも、多少の曖昧さが必要です。

「この好意は友達としてなのか、恋愛感情なのかどっちなんだろう」と思わせる程度にしておきましょう。

曖昧な好意を示されると、恋愛対象として見られているのかが、気になるようになります。

「あの子の本音が知りたい」

「デートに誘って、探ってみようかな」

と男性側からもアプローチをしてくるでしょう。

相手が自分を気にするようになれば、距離を縮めるのは楽になるはず。

逆に好きオーラ全開で向き合ってみたほうが効果的な場合もあります。相手が恋愛慣れしていない男性や、控えめな男性の場合です。

これらの男性に曖昧な好意を示しても「好かれているかもしれないけど、確かめる勇気がない」と一歩踏み出せない場合も少なくありません。

経験の少なさや、自信の無さが影響して、積極的になれないのです。

「◯◯くんは特別」「こんな気持ちになったの初めて」など大胆な発言をしてもいいでしょう。デートに自分から誘ってみてもいいでしょう。

積極的なアプローチを続けることで「恋愛的な意味で好かれている」と自信をつけられます。

そうなれば、親密な関係になるのは難しくないものです。

まとめ

片思いをしているなら、好きな男性に自分の気持ちを隠すのは得策ではありません。

気持ちを隠しても、恋愛的なメリットはないからです。

好きな気持ちは隠さずに、相手に示していきましょう。

「好かれているかも」と気づくことで、男性は興味を向けるようになります。

興味を持たれたほうが、距離を縮めるのは簡単なものです。

(大船くじら/ライター)

カナウ編集部

この記事のライターカナウ編集部
記事提供:カナウ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。