『かわいい』が生まれる場所。

Googleカレンダーの共有方法!スマホでの使い方を解説するよ!

Googleカレンダーの共有方法!スマホでの使い方を解説するよ!

忙しい毎日を過ごしていると、大切な用事や約束事をついつい忘れてしまうことがあります。

用事や約束事の中には、決して忘れてはいけない大切なものもあるため、手帳やメモ帳に書き留めるようにしていますが、それでも忘れることがあります。

しかし、Googleカレンダーを使えば、予定や約束事の書き込み、またリマインダーによる通知をしてくれるので忘れることはありません。

さらにGoogleカレンダーには共有機能があるので、リマインダーの通知を聞き逃しても、自分とGoogleカレンダーを共有している友だちや恋人から通知が入るので、まず忘れることはありません。

Googleカレンダーの便利な共有機能はどのように設定するのでしょうか。この記事でGoogleカレンダーの共有方法について詳しく解説します。

【Googleカレンダー】スマホで共有する方法(iPhone)

自分の予定やスケジュールなどを記載したGoogleカレンダーを、友だちや家族といった他の人とシェアできればとても便利です。

たとえ自分がうっかりしていて、大切な用事や約束事を忘れてしまっても、Googleカレンダーをシェアしている友だちや家族の誰かが教えてくれれば安心です。

Googleカレンダーを友だちや家族の誰かとシェアするタスクは、iPhoneでもAndroidスマホでも行えます。これから端末ごとに、どのようにGoogleカレンダーをシェアできるのかを説明していきます。

iPhoneのカレンダーアプリと同期して共有しよう

最初に紹介するのは、iPhoneにプリインストールされている「カレンダー」アプリとGoogleカレンダーをシンクロさせる、つまり同期させる方法です。

Googleカレンダーは便利な予定管理アプリなので、使う頻度が高いかもしれませんが、2つのカレンダーアプリをシンクロさせながら上手に使えればとても便利です。操作手順を順に紹介します。

同期する方法

まずiPhoneにGoogleアカウントを追加させます。ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定

表示されているメニューの中から「メール」を選択しタップしましょう。

メール

「メール」画面になります。表示されているメニューの中から「アカウント」を選択しタップしましょう。

アカウント

「アカウント」画面になるので「アカウントを追加」をタップします。

アカウントの追加

「アカウントを追加」画面になります。表示されているソフトメールの一覧の中から「Google」を選びタップしましょう。

Google

Googleのログイン画面になるので、Googleアカウントに登録しているメールアドレスを入力します。

メールアドレスの入力

続いてパスワードを入力します。

パスワードの入力

同期したいiPhoneのアプリが表示されるので、「カレンダー」を「ON」にしましょう。最後に「保存」を押します。

共有するアプリの選択

次に、iPhoneの標準カレンダーとGoogleカレンダーが同期されたかどうかを確認します。ホーム>画面にある「カレンダー」アプリを開きましょう。

カレンダー

カレンダーアプリのトップ画面が開くので、下メニューにある「カレンダー」をタップします。

カレンダー

Googleカレンダーと共有されていることが確認できます。

Googleカレンダ-との共有

注意!使用できない機能もある

GoogleカレンダーとiPhoneの標準カレンダーとの同期が可能であることはこれで分かりました。ただ、iPhoneの標準カレンダーアプリ上でGoogleカレンダーのすべての機能が使えるわけではありません。使える機能は限られています。

もしGoogleカレンダーのすべての機能を利用したいなら、Googleカレンダーアプリを「App Store」からインストールしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。