『かわいい』が生まれる場所。

インカメラで自撮りすると左右反転するのはどうして?対処法も解説!

インカメラで自撮りすると左右反転するのはどうして?対処法も解説!

スマホを片手に自撮りをする女子中高生の姿をよく目にします。

たくさんの若い女性ユーザーがスマホのカメラを自撮りで使うケースが多いため、可愛く自撮りができるアプリがたくさんリリースされています。

この記事を今読んでいる読者の中にも、たくさんの自撮りアプリをスマホに入れて使っている人がいるかもしれません。

自撮りは普通スマホのインカメラを使って撮影しますが、インカメラで撮影した自撮り写真は、左右が反転していることを知っているでしょうか。

どうしてスマホのインカメラで自撮りをすると、撮影された写真は左右が反転するのでしょうか。この記事で詳しく解説します。

インカメラで撮影すると反転するのはどうして?

友達や会社関係者から送信されるLINEメッセージのチェックと返信をするという人は多いのではないでしょうか。

LINEはテキストの送受信だけでなく、写真などの画像ファイルの送受信もできるので、仲のいい友達からインスタ映えするカフェやレストラン、また有名スポットなどの写真や自撮り写真などが送信されるかもしれません。

友達が楽しい一時を送っていることが、送信された写真からよく分かります。でもそれ以外にある事実に目が奪われるかもしれません。

トークルームに送信された友達の自撮り写真をよく見てみると、友達の背後に写っているお店の看板や町の標識が左右反転して表示されています。送信された他の友達の自撮り写真を見てみても、やはり写真は反転しています。

どうして自撮りで写真を撮ると写真が反転してしまうのでしょうか。

カメラから見た顔が保存されているから

スマホで自撮りをするとき、使用するのはスマホのインカメラです。iPhoneかAndroidかに関係なく、スマホのインカメラで写真を撮ると撮影された写真は左右が反転します。

スマホのインカメラで写真を撮影すると、写真はカメラから見たままの状態で保存されるためです。カメラから見たままの状態で保存されるとはどういう意味でしょうか。

分かりやすく言うなら、スマホのインカメラで自分を撮影すると撮影される写真は鏡に映った自分と同じようになるという意味です。鏡に映る自分はいつも左右が反転します。

スマホのインカメラで写る自分の姿も鏡と同じように左右反転するということです。

機種によっては反転を直すことができる

では、この左右反転を修正してインカメラでも普通に写真を撮影することはできないのでしょうか。実は、できるスマホとできないスマホがあります。

スマホの機種によっては左右反転を修正できるものもありますが、できないものもあります。できない機種の場合は、今の状態で我慢して使い続けなければなりません。

インカメラで撮影すると反転する場合の対処法(iPhone編)

背景に看板や道路標識などが写っていなければ、撮影した自撮り写真がたとえ左右反転していたとしても、あまり苦にはならないと思うかもしれません。

でも左右が逆の自分ではなく、左右の反転をしていない正確な自分を自撮りで撮影したいと思う人もいます。

左右反転の現象を修正して普通の写真をスマホのインカメラで撮影するには、どうすればいいのでしょうか?

これからiPhoneとAndroidの端末ごとに説明します。

iOS13以前の場合

2020年9月、iOS14が世界で一斉に配信されました。最新iOSには、これまでインカメラの左右反転を修正する機能は搭載されていませんでした。

しかし、iOS14には「設定」アプリからインカメラの左右反転を自分の好みで変更する機能が追加されています。

つまり、自分の使用しているiPhoneが最新のiOS14を搭載していなければ、インカメラの左右反転を修正することはできません。最新バージョンにバージョンアップしましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。